コラム/修理レポート

2019.6.1

【即日】iPhoneX 電源が入らない VDD_MAIN短絡 基板修理

いつもAppleJuiceをご愛顧していただき誠にありがとうございます。

本日ご紹介する修理事例は急に電源がつかなくなってしまったiPhoneXの修理実績をご紹介いたします。

電源がつかない原因は現段階でいくつか考えられ

・バッテリーが故障し充電が出来ない

・画面が割れてなにも映らなくなっていて電源が入らないように見えている

・基板(ロジックボード)が壊れている

の3点が怪しいですが、他のiPhone修理会社で一度診断をしてもらい「基板が壊れている」と報告があったようなので基板故障でほぼ間違いなさそうです。

↑こちらがご依頼のiPhoneX。画面も割れてしまっていますがこれは2ヶ月ほど前に割ってしまったとのこと。今回の電源がつかない原因とは関係なさそうです。

↑分解をし基板をとりだします。基板の大きさはiPhone本体の1/4しかなくかなり小さく設計されております。念の為テスト用のバッテリーと画面を仮付けしてみても起動しなかったため基板の故障で間違いなさそうです。

↑iPhoneXの基板構造は少し特殊でして、基板をできるだけ小さくするために今までは1層構造が2層構造になり基板修理をするために一度2層構造を分ける必要があります。この時に数百個あるパターンを傷つけないように慎重に作業を行っていきます。

↑回路図を見ながら原因箇所の特定をして行きます。

基板内の各ICチップへ電流を配る「VDD_MAIN」という回路内の「C2990」コンデンサが短絡を起こしており、電気の流れが遮断され起動しない状態でした。今回の症状はiPhoneXに限ったことではなく精密機器ではかなりポピュラーな症状なためiPhone全機種で発症する恐れがあります。

↑原因箇所のコンデンサを取り除き同じ容量(性能)のコンデンサへ交換を行います。今回交換を行なったコンデンサ(チップ)は汎用品のためiPhone以外のスマートフォンなどにも広く使用されており、純正品というわけではございませんが、ただし同じ容量で交換を行わないと今後別の不具合が発生する可能性があるため、容量を回路図で確認し交換を行います。

念の為一通り動作の確認をして異常がなかったためこれにて修理完了となります。

 

【全国送料無料宅配修理サービス】

お近くに基板修理を行っているお店が無い場合は、ぜひ弊社の宅配修理サービスをご利用ください。弊社は全国返送料無料で行っておりますので、料金は修理費+片道送料となります。
AppleJuice 配送修理サービス

 

来店修理のお申し込み

配送修理のお申し込み

お問い合わせはこちら

—————————————————————————

品質の高い修理で安心安全。
来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!
iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し
基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

————————————————————————

修理内容
/
   

上にもどる