コラム/修理レポート

2019.1.6

【iPod修理実績】iPodClassic 160GBをSD化して256GBへ容量UP(神奈川県より配送でのご依頼)

こんにちは、AppleJuiceです。

本日は郵送にてご依頼頂きましたiPodClassicの増量化修理をご紹介いたします。

金額は他店に比べて少し高いですが

その分質の高いSamsung製のSDのカードを使用し

さらに1年間の初期不良保証もつけておりますので

修理後も安心してご使用くださいませ。

万が一部品に初期不良があった場合は無償で部品交換を行っております。

iPodClassicの修理代金表はこちら

来店修理のお申し込み

配送修理のお申し込み

お問い合わせはこちら

↑まずは修理前の写真から。

もともと160GBのiPodClassicは147GBしか使用出来ませんが

こちらのお客様は139GBを音楽で使用されており、空き容量は9.3GBしかありませんでした^^;

かなり一杯一杯になっておりもっと多くの音楽を持ち運びたいとのご要望でしたので

160GBから256GBへ増量を行わせていただきます。

↑まずは分解を。

iPodClassicは全面と背面とが内側にある爪により

はめ込み式で組み立てられているため薄くヘラのようなもので

1つ1つ爪を外していき分解をしていきます。

これも力づくではなく爪のある場所を正確にヘラを入れる必要があり

練習と慣れがいる作業でございます。

分解が終わると次に基盤とハードディスクをつないでいるケーブルを外します。

フレキシブルケーブルと呼ばれる薄いケーブルなため非常に切れやすく

丁寧にピンセットを使って外していきます。

(もしご自身でなさる場合は基盤を傷つけないように注意!!)

そのあとハードディスクの代わりにSDカード(256GB)を装着します。

↑フキフキ

分解をしたついでに内部の清掃も行います。

5年以上使用されているiPodClassicがほとんどなため、

結構内部にはホコリや汚れが溜まっています^^;

これも長く快適に使っていただくために内部清掃も修理も1つとして行っています

(もちろんサービスですよ!)

↑増量完了!

256GBのSDカードをいれ、OSをインストールし、

同期のチェックをして作業は完了です!

256GBを入れましたが実際に使用できる容量は237GBとなり

作業前とくらべ約1.6倍、曲数としては更に1万曲ほどを同期出来る計算になります。

これでiTunesにある持ち運べなかった曲達も

つねに持ち運ぶことが出来ますね(^^)

更に快適に使っていただくために

一緒にバッテリーの交換も行い

バッテリーの持ち時間も新品同様になりました(^^)

 

作業時間は約30分ほど。

お急ぎの方。高い技術で修理をご希望の方はぜひお問い合わせくださいませ(^^)

 

iPodClassicの修理代金表はこちら

来店修理のお申し込み

配送修理のお申し込み

お問い合わせはこちら

—————————————————————————

品質の高い修理で安心安全。
来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!
iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し
基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

————————————————————————

修理内容
   

上にもどる