コラム/修理レポート

2019.9.2

iPod touch 6 画面割れ 液晶パネル交換修理

iPod touch 6の画面割れの症状での液晶パネル交換修理をご紹介します!

iPodtouchの第6世代、落として画面が割れてしまったといったご依頼も非常に多く頂いております。

このページではiPod touch 6の液晶パネル交換修理をご紹介します!

本体右下側から落としてしまったようで、ご覧のとおり激しく割れてしまっています。

2015年に発売されたiPod touch 6とその3年前に発売されたiPod touch 5の違いについて簡単にご紹介します。

・新色の追加


ご覧の通り、ブルー、ピンクの色味が濃くなったのと、イエローの代わりに新色ゴールドが追加となりました。

<iPod touch 6>

ipod-touch

<iPod touch 5>

subimg_ipodtouch5th

・iPod touch loopの廃止


iPod touch 5背面の左下にあったiPod touch loop(ストラップ接続用の金具)が廃止されました。

・処理性能の強化


iPod touch 5がiPhone 4s同等のA5プロセッサを搭載していたのに対し、

iPod touch 6はA8プロセッサを搭載しました。

これはiPhone 6と同等のCPUであり、処理性能が大幅に向上しました。

iPod touch 5と比べ、CPUは最大6倍、GPU(グラフィック)は最大10倍高速になっているようです。

また、iPod touch 6にはM8モーションコプロセッサという補助プロセッサも搭載され、

歩数や移動距離などの記録をヘルスケアアプリで確認できるようになりました。

・カメラ性能の強化


iPod touch 5が500万画素だったのに対し、iPod touch 6は800万画素に強化されました。

また、バーストモード(1秒間に10枚の連写機能)とスローモーションビデオ撮影機能が追加されました。

・128GBモデルの追加


Apple Store限定ではあるものの、念願の大容量モデルが追加されました。

・IEEE 802.11 acに対応


IEEE 802.11 a/b/g/nに加え、最新の無線LAN規格であるIEEE 802.11 acに対応しました。

無線ルーター、アクセスポイントが対応していることが前提ですが、

IEEE 802.11 nに比べ約3倍の高速通信が可能となっています。

内部的なお話をすると、iPod touch 5で非常に故障が多かったホームボタンが

より強固なものに変更されました。この変更で、おそらく陥没故障は劇的に減ると思います。

外観、重量、サイズは変わっていませんが、性能は大幅に強化されています。

よくiPod touch 5の修理にいらっしゃるお客様に「買い換えたほうが良いだろうか」と

ご質問を頂くのですが、応答速度がだいぶ早くなったのでゲームや動作の重い

アプリを多用される方はiPod touch 5からの買い替えもアリだと思います。

逆に、少しインターネットを見たりLINEをしたり音楽を聴いたりするだけの方は、

iPod touch 5を修理して使われたほうが良いかなと思います。

 

さて、今回ご依頼頂いたiPod touch 6ですが、

液晶パネルを交換することでご覧の通りピカピカになりました!

液晶パネル交換修理ですが、ご来店頂ければ30分弱でお渡しすることが出来ます。

郵送ですと、午前中に弊社に到着すればその日のうちに修理完了、返送することが出来ます。

iPod touch 6の修理料金表はこちら

iPod touch 5の修理料金表はこちら

修理でお困りの場合はお気軽にお問い合わせくださいませ。

来店修理のお申し込み

配送修理のお申し込み

—————————————————————————
品質の高い修理で安心安全。
来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!
iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し
基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

修理内容
   

上にもどる