コラム/修理レポート

2019.9.2

iPodClassicのSDカード化とは

iPodClassicのSDカード化ってなに? SDカードにして使い方とか変わるの?

などのご質問をたくさん頂いておりまして一度整理のためにも
SDカード化のメリット、デメリットをご案内させて頂きます。


SDカードってまずなに?


SDカードは皆さんご存知だと思いますが、よく使われているのがスマホ(特にAndroid)や
デジカメや一眼レフに使われている、薄くて小さいデータを保存するための記憶媒体です。
SDカードの仲間でUSBメモリがございます。(形が違うだけで基本構造は一緒)

iPodClassicにはもともとHDD(ハードディスク)と呼ばれる
記録媒体が入っていますが、ハードディスクは年数や衝撃などで
いつかは壊れてしまいます。
そんな時に多い症状としては

  • ・入れていた曲が消えた
  • ・曲が追加できない
  • ・曲が勝手にスキップされる
  • ・赤いバツマークが出る

等の症状が現れ最後には起動も出来なくなってしまいます。

「ハードディスクからハードディスクへの交換は出来ないの?」というお問い合わせも頂きますが
同じハードディスクは数年前に製造が終わっており新品のハードディスクを手に入れることは
現在ではもう不可能となっております。

「ではハードディスクが手に入らないので修理は不可能か?」そんなことはございません!
冒頭でお話したハードディスクの代わりにSDカードに交換を行えばこれまで通りにiPodClassicを使い続けることが出来ます。


使い方って変わるの?


使い方はこれまで通りにお使い頂けます。iTunesとの同期方法やプレイリストなどの反映も
なにも変わること無くお使い頂けます。

ただ、当然ハードディスクをSDカードに交換してしまうので、データに関しては、まっさらな初期状態になるため、交換をしてから曲を再度追加していただく流れになります!


どんな部品を使っているの?


弊社でのiPodClassicのハードディスクの交換の際に使用しているパーツに関してご紹介します!

iPodClassicの中にSDカードはそのまま入りませんので
変換アダプターはイギリスのiflashという会社の専用アダプターを使用しております。

SDカードに関してはSamsung製のMicroSDカードを使用しております。

アダプターとSDカードを合体させてiPodClassicの内部に
ハードディスクの代わりとして搭載させて修理は完了です。


料金はどれぐらいで出来るの?

iPodClassicのハードディスクのSDカード化の料金は以下の通りです!

  • ・64GBへ交換は19.000円
  • ・128GBへ交換は23.000円
  • ・256GBへ交換は27.000円

256GB以上ご希望の方はご相談ください。
(部品代、作業料)
お時間は30分ほど頂ければすぐにお持ち帰り頂けます。


保証はあるの?

保証もちろんございます。

SDカードと変換アダプターに対して【 1年間】の動作不良に対する保証をつけており
1年以内に同期が出来ないなどの不良があれば
何回でもSDカードの交換を承っておりますので
ご安心してご依頼くださいませ。


AppleJuiceではお電話でも修理を承っておりますので、
下記のお電話番号にお気軽にお問い合わせください。

0422-27-1787

■全国送料無料宅配修理サービス

お近くにアイポッドクラシックの修理を行っていないお客様は弊社の配送修理をご利用ください。
弊社は全国返送料無料で行っておりますので、料金は修理費+片道送料となります。

AppleJuice 配送修理サービス

来店修理のお申し込み

配送修理のお申し込み

お問い合わせはこちら

—————————————————————————

品質の高い修理で安心安全。
来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!
iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し
基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

————————————————————————

修理内容
/

上にもどる