コラム/修理レポート

2018.12.9

【iPad修理実績】iPad 6世代 デジタイザー割れ タッチ操作は可能だが全体的に割れがある

こんにちは、AppleJuiceです。

本日は天気がよく、日差しが眩しいですね。

最近は雨やくもりのパッとしない日が続いていたので、

日差しが貴重に感じます(^^)

 

さて、本日は同業者様よりご依頼頂きましたiPad6の

デジタイザー(フロントパネル)割れの修理レポートをご紹介致します。

↑修理前のiPad6。

すみません、割れが分かりにくいですね(^_^;)

ちゃんと(本来は割れていない方が勿論良いですが…)割れています。

↑別の角度から。

本体下部から上部に向かって割れが広がっています。

iPadシリーズはデジタイザーが割れた際には非常にガラス片が細かいので

修理前の動作確認の際にガラス片が指にたくさんくっついてきました…

危ないので早急に修理を始めていきます!

↑分解中。

左が取り外した今回割れてしまったデジタイザーです。

デジタイザーの下には液晶があるのですが写真には映っていません。

ここから本体フレームについた粘着テープやガラス片の

残骸を取り除いていったり、新しいデジタイザーへホームボタンなどの

必要なパーツを移植していく作業を順次行っていきます。

↑割れたデジタイザー(左)と新しいデジタイザー(右)。

ホームボタンを移植した直後の写真です。

iPadシリーズのホームボタン移植はデジタイザー交換修理において

欠かせないものですが、ホームボタンはケーブルがどのiPadも薄く、

非常に繊細なパーツなので移植作業は特に慎重に行います。

 

また押し心地にもこだわって取り付けているので修理後に

「何か押し心地が良くない気がする」「押したら陥没してしまった」など

修理の際の施工不良が原因で起こる不具合も無くご返却が可能です。

↑全てのパーツを元通りに組み上げを行い、修理完了です。

割れが無くなり、なめらかに操作が出来るようになりました!

↑別の角度から。

修理前は細い亀裂が入っていましたが綺麗に無くなりましたね。

動作も良好で、問題が無い為にその日の内にご返送となりました。

同業者様からご配送でのご依頼の為、お客様とはご対面することは

叶いませんが喜んで頂けると嬉しいです(^^)

 

弊社ではパーツの品質は勿論ですが、修理の施工不良で起こる修理後の

不具合が無い様に細かい箇所まで丁寧に修理を行っています。

今回も少し例に挙げましたが、ホームボタンの移植、粘着テープや

ガラス片の残骸を取り除く作業などiPadの修理において綺麗かつ確実に

仕上げる為に必要な作業を丁寧に行っておりますので安心して

ご依頼頂けると思います。

お困りのお客様は是非、弊社へご相談下さい(^^)

 

 

来店修理のお申し込み

配送修理のお申し込み

お問い合わせはこちら

—————————————————————————
品質の高い修理で安心安全。
来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!
iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し
基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

修理内容

上にもどる