コラム/修理レポート

2019.8.19

【iPhoneの電源入らない!データ取り出し,データ復旧,救出ならAppleJuice!】

「iPhoneの電源入らないデータ取り出しがしたい!データ復旧はできるの?」


iPhoneの電源が入らない原因


iPhoneの電源が入らない、正常に起動しないといったことに関しても、原因は、絞られ、なおかつ3つございます。

①ソフトウェアのバグ

②パーツの故障

③基板故障

正確に言うと、ソフトウェアのバグだと、電源が入らないということはおそらくありませんが、正常起動しないケースとして、ソフトウェアのバグが原因の1つとして考えられます。

の場合は、OSの再インストールや初期化をすることで改善しますので、iTunesに接続して、更新、復元を試してみましょう。

【どこでできる】→家のパソコン、修理店などのPC

の場合は、部品の交換となり、よくあるのが、液晶が映らないということで液晶パネルの交換だったり、バッテリーが不良のため、正常起動しないといったことでのパーツの交換などがあります。

【どこでできる】→パーツ交換のiPhone修理店

基板故障の場合だと、原因箇所は非常に多く考えれるため、基板の診断が必要です。

【どこでできる】→基板修理のiPhone修理店

①→②→③の流れで、試していっていただければ、電源が入らないiPhoneもその原因が特定できて、データの取り出しもできるようになると思います!

▼iPhoneの無料診断はこちらから▼

来店無料診断

配送無料診断


物理的な故障


物理的にどこかが悪いといったケースは主に以下のものがございます。

・充電器、ケーブル

・液晶パネル

・バッテリー

・ライトニングコネクター

・基板上のチップ、ICの故障


ソフトウェアの故障


ソフトウェア(システム)が悪いケースは、以下の通りの状態になっている可能性があります。

①DFUモード

②リカバリーモード

③リンゴループ


自分でできる解決方法の提示


修理店に持ち込む前に、まずは自分で解決できるかどうかを試してみることをお勧めします!

①強制再起動をしてみる

②長時間充電をしてみる

③充電環境を変えてみる(充電器、ケーブルなど)

④パソコンに接続して、iTunesで更新できるかチェック

それでも改善されない場合は、

ハードウェア的な修理が必要かもしれません。


きっかけ別の故障箇所の傾向


電源が入らなくなったiPhoneでも、こうなった経緯、きっかけによって大体の故障箇所を傾向として判断することができます!

・突然→基板

・徐々に→パーツ

・落下、水濡れ→基板、パーツ両方

突然、電源がつかなくなったというiPhoneは結構多く、実際に悲しいことですが、使おうと思ったら、電源がつかなくなっていた、夜充電をして、朝起きて確認したら、全く電源が入らなくなっていたといったことも電子機器ですので、よくあります。そういったものの大半は基板修理の可能性が高いです!


iPhoneのパーツの交換


iPhoneのパーツ交換で試してみるべきなのは主に以下のパーツです!

・バッテリー

・フロントパネル

・ライトニングコネクター

・フロントカメラ

・アウトカメラ

・PVM(POWER、VOLUME、MANNER)

上記のパーツを交換してみてもiPhoneの電源が入らない場合は、基板に問題があると思います!


パーツの交換でダメなら


パーツ交換でもだめなら、基板の診断が必要になります!

基板の修理には、回路図やテスター、電子顕微鏡などの機材と知識が必要で、経験、知識がないと、むしろ壊してしまう可能性も十分にあります!

そんなときにはどうすればいいのか?

基板の修理ができる場所に持ち込みましょう!

全国に数社ですが、iPhoneの基板の修理ができる会社があります!


AppleJuiceの基板修理、データ復旧のご紹介


AppleJuiceの基板修理、データ復旧のサービスを紹介します!

弊社では、

突然、落下、衝撃、水濡れ、自己分解など、さまざまなきっかけで電源が入らなくなってしまったiPhoneの基板修理、データ復旧を行っております!

近くの修理店で診てもらったけど、基板がだめになっているので、復旧不可と言われたといった端末を多くご依頼いただいており、実際に多くの電源が入らない端末の復旧、データ取り出しの実績がございます!

日本全国から、配送でのご依頼も受付ておりますので、お気軽にご相談ください!

無料診断をご利用いただけます!

▼今すぐ、申込▼

来店はこちら

配送はこちら

修理内容
   

上にもどる