コラム/修理レポート

2019.9.29

【iPhone基盤修理実績】iPhone6s 自分でバッテリー交換後、画面が真っ暗。バックライトがつかない。

「iPhoneの基板(基盤)修理なら、全国配送修理対応のAppleJuice!」

iPhoneの基板(基盤)上のバックライトの修復やその他、突然の起動不良水没により電源が入らなくなった状態からのデータ復旧などiPhoneの基板修理の幅広い症状の修理を承っております。

都内、関東にお住まいでない方でも、全国から配送修理を多くご依頼いただおりますので、お気軽にご相談ください!

▼配送修理の申込▼

配送修理

▼ご相談はこちら▼

お問い合わせ・ご質問

こんにちは、AppleJuiceです。

気温が低い日が続いてますが天気がいいので、日向だと暖かく感じますね。

さて本日はiPhone6sのバックライト基板(基盤)修理をご紹介いたします。

ご自身でバッテリー交換を試みたところ組み立て後、画面が真っ暗になってしまったようです。

↑修理前。

写真で分かりやすいように強い光を当てていますが光が無いとほぼ全く何が映っているかわかりません。

電源も入りLINEや電話の着信は鳴りますので内部は動いていて画面の表示だけが壊れている状態です。

↑基板(基盤)だけを取り出します。

ご自身での修理、または修理会社での修理中のトラブルの場合は赤枠内に設置されているチップがショートにより損傷しバックライトが点灯しなくなることがほとんどです。

顕微鏡で見ていきましょう。

↑原因の箇所はこちらです。

フィルターという種類のチップですがヒューズのような役割をしており、急に高い電流が流れるとフィルター自身が壊れ、他のチップが破損しないようになっています。

↑壊れたチップのサイズ。

サイズが分かるように100円玉に乗せて撮影していますが「成」の字よりも遥かに小さく、目視だとゴミ程度にしか分かりません。

顕微鏡を見ながら丁寧に作業を行い交換が完了しました。

慣れた作業であるため実時間としてはだいたい30分ほどで完了いたします。

AppleJuiceでは基板(基盤)修理に慣れたスタッフが常におり飛び込み修理もすぐにご対応が可能でございます。

↑修理完了です!!

正常に画面が明るく表示され、iPhoneを通常使用出来るようになりました。

修理環境が整っていてこその時間なので経験や技術が不足していると時間以前に、より症状を悪化させてしまいますので決して真似はせずに、お困りのお客様はAppleJuiceへまずはご相談下さい!m(__)m

▼ご相談はこちらから▼

来店修理のお申し込み

配送修理のお申し込み

お問い合わせはこちら

—————————————————————————
品質の高い修理で安心安全。
来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!
iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し
基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

————————————————————————

修理内容
   

上にもどる