コラム/修理レポート

2018.5.10

急に起動しなくなったiPhone8も基板修理で復旧可能です! 基板修理レポート例

今回は起動しなくなったiPhone8の基板修理レポートをご紹介いたします。

お客様のお話ですと特に前触れやキッカケもなく、気付いたら電源が入らなかったようです。

近所のiPhone修理店では強制再起動やリカバリーモードなどを試してもらったらしいのですが、全く反応が無くパソコンの認識も無く「恐らく基板が壊れているでしょう」と判断してもらい、どうしても内部のデータが必要だったため基板修理を行っている弊社にご依頼を頂きました。

■ 症状 iPhone8 突然電源が入らなくなった
■ 作業時間 2時間

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

↓弊社でも強制再起動などを試しましたがお客様が仰ったとおり全く反応がありません。バッテリーなどが壊れるにはあまりにも早いので恐らく基板が壊れているに違いありません。

写真_2018-04-30_11_46_46

↓早速分解し基板をチェックします。iPhone8とiPhone7の内部構造はほとんど同じで違うとすればワイヤレス充電に対応したぐらいです。

写真 2018-04-30 11 47 04

↓基板上の電流をチェックします。基板の電流を計ることによりある程度どこが壊れているかの大きなヒントになります。

写真 2018-04-30 11 51 33

↓電源が入らない原因を見つけました! 赤い枠で囲ったコンデンサと呼ばれるチップが壊れ基板上でショートを起こしており、正常に電流が流れず起動出来なくなっていました。

しかしおかしいなと思うのが、発売されてまだ半年ほどしか経っていないiPhone8がもう壊れてしまうなんて他の機種では聞いたことがありません。もちろん古くなってきたiPhone6やiPhone6sだと同じ症状は何件もありましたが、iPhone8はあまりにも早すぎる気がします。

写真_2018-04-30_12_01_30

↓原因箇所を交換し予想通り無事に起動してくれました。念のため動作確認をし問題点がなかったため修理完了と判断しご返送となりました。

IMG_6961

iPhone8の基板修理も少しずつ増えておりますが、突然電源が入らなくなるケースが他の機種に比べて多いような気がします。またApple製品は1年間初期不良保証がついておりますので初期不良だと判断してもらえれば無償で本体を交換してくれます。

しかしもしデータが必要な場合は壊れたiPhoneを修理しない限りデータは戻って来ません。

そのような場合は是非ご相談頂ければと思います。

■ 症状 iPhone8 突然電源が入らなくなった
■ 作業時間 2時間

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

⇓LINE@始めました。LINEからでもお問い合わせいただけます

友だち追加

—————————————————————————
品質の高い修理で安心安全。
来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!
iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し
基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

修理内容
/ /

上にもどる