コラム/修理レポート

2019.3.4

バックアップを取っていない時のiPhoneデータ復旧について

バックアップを取っていない時のiPhoneデータ復旧について

・・・

iPhoneのトラブル

iPhoneの故障は突然起きるものです。
毎日、バックアップを取っていれば問題ありませんが、バックアップを取っていない状態で、iPhoneを落としてしまったり、水没によってデータが消えてしまったリする人も多いのではないでしょうか。
iPhoneは肌身離さず持ち歩く時代であるため、落下や水没などのトラブルは避けられません。
このようなトラブルによってiPhoneが動かなくなってしまった場合、データがどうなってしまったのかはデータ復旧作業が完了するまでわかりません。
つい、焦ってしまい自分でどうにかしようとしてしまいがちですが、あまり触らないようしましょう。
誤作動によってデータが消えてしまう可能性があります。
iPhoneのトラブル

データ復旧率を上げるために

正規代理店での修理はデータは消去されてしまいます。
それは、データを初期化して返却することがルールになっているためです。
iPhone修理後のトラブルを避けるために、代理店などでは共通のルールとして決められています。
しかし、正規代理店ではないiPhone修理屋であれば、データを初期化して返却するルールがないため、バックアップを取っていなかったとしても、データ復旧できる可能性があります。
水没などのトラブルが起きた場合、データ部分に衝撃を与えないように分解を行い、特殊な液を使用して部品の洗浄を行います。
そのため、データが消えることはありません。
しかし、トラブル後の処理の仕方によってデータ復旧率が変わります。
もし、電源がついている状態であれば、電源をオフにしたまま修理に出してください。
電源のオンオフを繰り返すと、損傷が広がりデータ復旧率が下がる可能性があります。
電源をオフにできない場合は、アプリのインストールやアップデートが自動で行われないように設定してください。
データの2次障害が生じることがあるためです。
また、自分でデータ復旧作業を行ってはいけません。
専門知識がないと、データ部分に衝撃を与え、データ復旧ができないことがあります。データ復旧率を上げるために

iPhoneにトラブルが起きたときはすぐに修理に出そう

iPhoneにトラブルが起きたときは、すぐにiPhone修理屋に出しましょう。
修理できることも、時間が経ちすぎてしまったり、下手に触るとデータがすべて消えてしまうこともあります。
Apple JuiceではiPhoneのデータ復旧作業も行っています。
専門のスタッフたちがお客様の大事なデータを丁寧に復旧致します。
お気軽にお問い合わせください。

修理内容

上にもどる