コラム/修理レポート

2016.3.14

【iPodClassic】 バッテリー交換修理 吉祥寺

【バッテリー交換】iPodClassic バッテリー交換修理 中野・吉祥寺

 

本日はiPodClassicのバッテリー交換の修理レポートをお伝えします(^ ^)

最近は一日に最低4台ぐらいは修理をしていると思ってしまうほど

多くのご依頼を頂いておりますm(_ _)m

 

iPodClassicのバッテリー交換修理と言っても

症状はさまざまでして

・バッテリーの減りが早い

・電源ケーブルを挿さないと起動しない

・充電がたまらない

などがあります。

これはすべてバッテリーの劣化が原因で起こる症状ですので

もし当てはまる方はバッテリー交換が必要かも知れません。

 

今回修理を行うiPodClassicは

「ケーブルを挿すと普通に起動するが抜くと電源が切れてしまう」とご相談を受け

バッテリー交換修理となりました。

 

それでは分解を行います

 

80GBのiPodClassicです。

 

iPodClassicは容量により分解の難しさが違い

80GB>120GB>160GBの順に難しくなっており

力任せに分解をするとフレームに歪みが残ってしまうので慎重に分解を進めます。

 

 

後ろ側のパネルが開きました

年期の入ったiPodClassicですとホコリや汚れがたくさんつまっております^^;

 

 

iPodClassicの内部構造ですが

左からバッテリー、イヤホンジャック、ハードディスクとなり

今回は一番左のバッテリーを交換します。

 

 

バッテリーは本来正方形のなんですが

悪くなっているバッテリーの特徴として少し膨らみが発生します。

 

iPodClassicの80GBは約9年前に発売されたモデルになるため

バッテリーが悪くなっても仕方ないかなと思います^^;

 

 

バッテリーを取り外しました。

強力な粘着テープでバッテリーが固定されており

丁寧に剥がさないとイヤホンジャックのケーブルを傷つけることになるので

ここも慎重に行います。

 

 

 

新品のバッテリーです。

ご覧のように新品のバッテリーは膨らみがありません。

 

 

 

バッテリーを取り付け起動を確認できました。

その他動作チェックを行い

他に不具合が無いかを確認し問題なければバッテリー交換のみで修理完了です。

 

 

上記の工程すべてで約10分ほどの作業となりますので

iPodClassicのバッテリー交換は受付時間もいれて

すべての作業合わせて約20分ほどの作業時間となりました。

 

iPodClassicの修理対応をしてもらえるお店も

徐々に減ってきており都内でも数店舗と

数えるほどにまで減ってきましたが

弊社であれば部品のご用意がありますので

すぐに修理対応させて頂いております。

 

もし壊れて眠っているiPodClassicがありましたら

ご相談くださいませ

 

iPodClassicの修理料金表はこちら

修理でお困りの場合はお気軽にお問い合わせくださいませ

来店修理のお申し込み

配送修理のお申し込み

—————————————————————————
品質の高い修理で安心安全。
来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!
iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し
基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

修理内容

上にもどる