コラム/修理レポート

2017.5.12

iPad Airが充電出来ない症状 ドックコネクター交換修理

配送でのご依頼で、iPad Airが充電できなくなってしまった症状です。初期診断時、充電ケーブルをさした時に出る、電池マークが表示されませんでした。ドックコネクターの損傷が原因でしたので、ドックコネクター交換修理となりました。

症状 iPad Air 充電ができない

修理時間 約40分

修理料金 iPad Air ドックコネクター交換修理 10,450円(税込)

▼LINEでも無料診断・見積り中!▼

メールや電話よりフランクに、修理の診断が可能です!
端末の”写真、動画”をもとに、お電話やメール以上に、
正確な診断をお出しします!
これは、修理できる?いくら?
といった疑問などお気軽にご質問ください!

友だち追加

 

まずは原因がパーツにあるのか基板にあるのかをかくにんするために分解していきます。

ガラスを丁寧に外し

液晶パネルも外して

Exif_JPEG_PICTURE

本体だけにして

Exif_JPEG_PICTURE

基盤を取り出してチェック開始です

まずはバッテリーをテストで繋げてみて起動するかどうかのチェックをします。装着後、バッテリーからの電気をもらい電源が入りました。ですがライトニングコネクターからの反応が無かった為、ライトニングコネクターの交換を行ってみます

ライトニングコネクターは基盤にスパーク(はんだ)で繋がっており精密な作業が必要になります(おそらく個人の方では絶対に出来ないと思います)

ライトニングコネクターを丁寧に外して

新しい物と交換します(右が新品、左が今までついていた物)

新品のライトニングコネクターも丁寧につけて

テストでバッテリーと繋げてチェックをしたところ無事に電池マークが出てきました。

しかし電池マークが出てもしっかりと充電が出来ているとは限らないのでこのままの状態で1時間ほど様子を見ます。iPadのバッテリーは容量が大きいため充電にも時間がかかり、iPad用(2アンペア)のACアダプターを使っても約10分で1%ほどしか溜まっていきませんさらに完全にバッテリーが放電してしまった場合はiPadが起動するまでに、30分以上かかるときもあります。

1時間後ようやくiPadが起動してきました。

それでもまだ1%しか溜まっていない為、もうしばらく様子をみてみると2%までたまりました。

これでようやく症状が改善されたと確認が出来たため本体を組み立てて、修理完了です。

今回は郵送で修理でしたが作業時間に30分、確認の為に1時間半、合計2時間で修理が終わり当店に到着したその日のうちに返送することが出来ました。

修理でお困りの場合はお気軽にお問い合わせくださいませ

症状別料金表はこちら

来店修理の詳細はこちら

配送修理の詳細はこちら

無料お問合わせ
はこちら

—————————————————————————

品質の高い修理で安心安全。

来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!

iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し

基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

郵送での修理です。

修理内容
/
   

上にもどる