コラム/修理レポート

2017.5.15

iPad miniのドックコネクター交換修理 充電できない症状

iPad miniの充電ができない症状のご依頼で、ドックコネクターの経年劣化による接触不良でしたのでドックコネクター交換で修理できました。

症状 iPad mini 充電できない

作業時間 約20分

修理料金 iPad mini ドックコネクター交換修理 合計9,500円(税込)

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

本日は充電できなくなってしまったiPad miniの修理をご依頼頂きました。このような症状の場合、まずはドックコネクター内にゴミが溜まってないか、破損が無いかを確認します。クリーニングを行い、損傷がない場合はケーブルをさしてみます。外見からはあまりわかりませんでしたが実際にケーブルをさしてみたところ、かなり緩いことがわかりました。(私共は慣れているのですぐに分かるのですが、お客様にとってはあまり緩く感じないかもしれません)

Exif_JPEG_PICTURE

さっそく分解してドックコネクターを交換します。iPad miniのドックコネクターは基板にハンダ付けされていますので、まずそちらを取り除きます。この作業、一見簡単そうに見えますが、慎重に行わないと基板上の端子を痛めてしまいますので、お客様ご自身での修理は絶対にやめて下さい!

こちらが取り外したドックコネクターです。新しい部品をハンダ付けします。

充電ケーブルをさしたところ、無事に充電出来ました!今回はドックコネクター部分の損傷だったわけです。

余談ですが、iPad mini等で充電が出来ない場合、以下のパターンが考えられます。

・ドックコネクターの損傷
・バッテリーの損傷
・基板の損傷(U2 ICチップ)

一番多いのが今回承ったドックコネクターの損傷です。こちらの場合、正常に立ち上がるものの、充電出来ない、PC/Macと同期できない等の症状が出ます。原因としては、ケーブルを繋いだままの利用、落下が多いです。

iPadに関しては、バッテリーの損傷は本当に少ないです。万が一バッテリーが損傷している場合は、電力不足で起動しません。充電ケーブルを繋いだ状態でも、リンゴマークで落ちてしまうことが多いです。

最後の基板の損傷ですが、こちらはたまに修理依頼を頂きます。基板上にUSB接続を制御するU2 ICチップという部品があるのですが、こちらが損傷してしまうと充電が出来なくなります。症状としては、基本的には充電が出来なくなるのですが、不思議な事にケーブルによって出来たり出来なかったりします。もちろんAppleの純正品でも、です。さらに、ケーブルの向きによっても充電可否が変わることがあります。接続方向に制限のないライトニングケーブルですが、実は裏表があります。「このケーブルのこの向きなら充電が出来る」といった感じになります。
こちらの原因としては、Appleの認証を受けていない粗悪なケーブルの利用が考えられます。ちなみに弊社では修理実績はありますが、非常に難易度の高い修理になりますので、正常に使用が出来るケーブルがある場合はそちらを使って、一刻も早くデータのバックアップを取って下さい。

長くなりましたが、このような状態にならないためには

・充電ケーブルをさしたまま使わない
・純正の充電ケーブル(最低でもAppleの認証品)を使う

の2点に尽きます。大切なiPadを壊さないためにも、ぜひ心がけてみて下さい。

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

—————————————————————————

品質の高い修理で安心安全。

来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!

iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し

基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

修理内容
/

上にもどる