コラム/修理レポート

2017.5.17

iPod classicの充電ができない症状 ドックコネクター交換修理

iPod classicの充電ができなくなった症状です。ドックコネクターのピンの損傷が原因でしたのでドックコネクター交換で修理ができました。

症状 iPodClassic 充電ができない

修理時間 約40分

修理料金 iPodClassic ドックコネクター交換修理 9,000円(税込)

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

 

お持ち込み頂き確認したところ、充電ケーブルを差し込むドックコネクター内部のピンが全て浮いてしまっています。

こうなってしまうと、充電出来ない、PC同期出来ないばかりでなく、物理的にドックコネクターがささりません。無理に挿すと本体もケーブルも壊してしまいます。

さっそく分解し、交換します。

ドックコネクターを交換するにはさらに分解し、基板を取り出す必要があります。

下の赤枠の部分がドックコネクターです。

R0011101_0125916_061352_PM

基板側から確認するとこの通り、劣化していることがわかります。

こちらを交換していきます。まず、基板に4箇所、足がハンダ付けされていますので、こちらを取り除きます。

下記写真の赤枠の部分です。

R0011103_012516_061726_PM

そして、慎重にドックコネクターを取り外します。

取り外した姿がこちら。

R0011105_012516_070443_PM

赤枠の部分に銀色のギザギザがあるのがわかりますでしょうか?こちらがドックコネクターと基板接点(パターン)になるのですが、古いドックコネクターを外す際に慎重に行わないとこちらがすぐに剥がれてしまいます。これが剥がれてしまいますと、いくらドックコネクターを交換しても特定の通信が出来なくなってしまいます。(例えば充電ができない、PC同期ができない、オーディオ出力ができないなど)

さて、新しいドックコネクターがこちら。新品なので当たり前ですが、ピン浮きも無くピカピカです。

さっそく基板へハンダ付けです。基板側から見てもピカピカです。(こちらのハンダ付けも難しいので慎重に!)

Exif_JPEG_PICTURE

 

組み立てて動作確認です。充電もPC同期もOKです!

修理は以上となります。こちらの修理、結構難易度高いので自己修理はお勧めしません。

他店様では軒並み取り扱いが終わってしまっているiPod classicですが、弊社ではまだまだ修理を行っていますので、故障でお困りの際は是非ご連絡下さい!

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

—————————————————————————

純正パーツを使用し品質の高い修理で安心安全。

来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!

iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し

基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

修理内容
/

上にもどる