コラム/修理レポート

2017.12.1

壊れたiPadからデータ復旧するには?

壊れたiPadからデータ復旧するには?

・・・

iPhoneとiPadの2台持ち

iPhoneとiPadの2台持ちをしている人も多いのではないでしょうか。
iPadはiPhoneとはサイズが異なり、動画の視聴や電子書籍が読みやすくなるといったメリットがあります。
また、大きな画面であるため動画や写真が撮影しやすいこともメリットです。
プライベートだけでなく、仕事で使用している場合もあるでしょう。
パソコンやiPhoneと情報が同期できるため、急な修正もアプリを使用すればパワーポイントを修正したり、エクセルの数値を入力して営業先で使用したりすることができます。
iPhoneよりは大きなサイズですが、持ち運びは非常に楽です。
しかし、iPadをうっかり落としてしまい、iPadが故障してしまった人も少なくありません。
大切なデータが入っているiPadであれば、故障が原因でデータが削除されてしまうと大変です。
iPadが故障した際のデータ復旧方法を知っておきましょう。
正しいデータ復旧方法知らずに、間違った方法でデータ復旧を試みると、復旧できるデータも不可能になってしまうため、正しいデータ復旧方法を知っておくことが大切です。
iPhoneとiPadの2台持ち

iPadが故障した

iPadが故障したとき、まず一番に考えなければならないことは、引き継ぎ方法です。
iPad以外のデバイスがあり、バックアップを取って入ればデータ復旧をすることができますが、他のデバイスがない場合は、外部のアプリケーションを使用してiTunesのバックアップを取り、バックアップファイルをつくります。
そうすることで、故障したiPadからもデータ復旧をすることが可能です。
まずは、データ復元ソフトをパソコンからダウンロードし、立ち上げましょう。
ソフトを起動させた後は、故障したiPadとパソコンを接続させます。
接続に異常がなければ、iPadへのスキャンが開始されるはずです。
iTunesにバックアップファイルがあれば、バックアップファイルから復元し、ない場合はiOSデバイスから回復させます。
iPadが故障した

パソコンを持っていない場合は

パソコンを持っている人は、データ復元ができるソフトをダウンロードして、故障したiPadからデータを復旧させることが可能ですが、iPhoneしか持っていないという場合は、iPhoneやiPadの修理業者に依頼するしかないかもしれません。
データがなくなってしまっただけでなく、画面が割れてしまった場合は、データ復旧と合わせて画面も修理してもらうと良いでしょう。
iPhoneやiPadを常に持ち歩いている人は、注意していても落としてしまったり、長年使用していたりすると自然と劣化してしまうものです。
こまめにバックアップを取っていれば、大切なデータが消えてしまっても復旧することができるため、定期的にバックアップを取っておくことをおすすめします。

修理内容

上にもどる