コラム/修理レポート

2016.12.14

iPhoneが突然フリーズしてしまったときの原因と対処法

iPhoneが突然フリーズしてしまったときの原因と対処法

・・・

フリーズか故障か?動かないiPhoneの見極め方

iPhoneを使っていたら「いきなり動かなくなってしまった、スリープ状態から再立ち上げしようとしたら全く反応しない」といった声をPhoneユーザーの方からよく聞きます。
「修理が必要かな?」と思い、焦ってしまうかもしれません。
しかし、動かない原因には一過性のフリーズと故障で修理が必要な場合があります。
動かなくなった原因を見極めてから、修理に出すなど適切な対応をしましょう。
フリーズか故障か?動かないiPhoneの見極め方

一過性のフリーズの対処法

いろいろなアプリケーションを使用している間に、アプリケーションを開きすぎてiPhoneに負荷をかけてしまいフリーズしている場合があります。
これが原因の場合、タスクを終了させる必要があります。
まずは画面下のホームボタンを素早く2回押してください。
そうすると、現在開いているタスクが現れます。
終了させるタスクを上に引き上げ、すべてのタスクを終了させてください。
このとき、アプリケーションそのものが本体から削除される訳ではありませんが、保存していないデータは消えてしまう場合があります。
保存したいデータは、作業の途中に定期的に保存されることをお薦めします。
いつも特定のアプリケーションを使った際にフリーズしてしまうようなら、一度そのアプリケーションを削除して入れ直すことも解決方法になることがあります。

iPhoneの電源を入れ直してみよう

「タスクを終了させたけどフリーズが直らない、むしろ、そもそもタスクを終了させることすらできない」といった場合、一度電源を入れ直すことも試してみましょう。
電源ボタンを長押しし、「スライドで電源オフ」を押して、その後再度立ち上げてみましょう。
いつも通り電源を切ることが出来ないときは、電源ボタンと画面下にあるホームボタンを同時に長押しも試してみてください。
Appleのマークが表示されたら指を離して待っていると自動的に再起動します。

最終手段はiPhoneの初期化

iPhoneの初期化はパソコン(iTunes)で行うことができます。
ただし、初期化とは工場出荷状態に戻すなので、データが完全に消えてしまいます。
iPhoneのフリーズはいつ起こるかわかりません。
そんなときのために、定期的に本体のデータのバックアップを取ることをお薦めします。
たまに、iOSのアップデートをしていないためにフリーズしてしまうこともあるようです。
最終手段はiPhoneの初期化

修理内容

上にもどる