コラム/修理レポート

2017.2.2

iPhoneやiPadがインターネットに繋がらない!なぜ?

ttl07

・・・

インターネットにつながらなくなる原因は?

c07-1

iPhoneやiPadがインターネットに繋がらなくなる原因は、主に4つあります。
一つ目は、電波状況です。
LTEなどWi-Fiを使わずにインターネットを利用している場合は、特にこれが多いのではないでしょうか?
地下に行くと結構な確率で圏外になりますし、圏外になっていないとしても電波状況が安定しているとは言い難いですからね。
二つ目は、ルーターやモデムの不具合です。
自宅など固有のルーターやモデムでWi-Fiを使用している人は、これらの不具合をもろに受けます。
自宅で急にインターネットにつながらなくなったら、大元を疑ってみてください。
三つ目は、iPhoneやiPadの不調です。
iPhoneやiPadは精密機器ですので、少しの調子が悪いと繋がらなくなったりもします。
四つ目は、通信制限です。
月末になると通信速度が急激に遅くなる…という経験をした人はたくさんいることでしょう。
キャリアによっても変わってきますが、1か月で通信可能な量を超過すると制限がかかってしまいます。
表示に時間がかかると正常には表示されませんので、結果的につながらないという状況に陥ってしまうわけです。

インターネットに再び繋ぐには
上記1~4それぞれの解決方法をご紹介しましょう。
まず一つ目の電波状況ですが、そもそもその場に電波がない圏外の状態であれば自分ではどうにもできないので、あきらめましょう。
圏外になっていないのに繋がらない場合は、「機内モード」をON/OFFしてみてください。
これは、今掴んでいた電波をいったん離してからまた掴むといった動作なので、ちょっとした電波の乱れならこれだけで改善される可能性はあります。
Wi-Fi使用時も同様で、こちらの場合は接続先をいったん解除してまたつなげるという方法もあります。
二つ目のルーターやモデムに原因がある場合は、それらを再起動しましょう。
電源を抜いて数分~1時間程度放電させ、また繋げるとかなりの確率で電波が戻ってきます。
三つ目、iPhoneやiPadに不調があれば、みなさんご存知の再起動です。
機器自体の何がインターネット接続に不具合を生じさせているのか判別するのは難しいですから、電源を切るのが手っ取り早くて確実です。
最後に通信制限ですが、こちらは大抵お金を払えばOKです。
普段からあまり使いすぎないようにする、という手もありますが、仕事で使う人は難しいですからね。
動画の再生は重いので、動画を見る回数を減らすだけでも改善できるかもしれません。c07-2

iPhoneやiPadがインターネットに接続できないときは、案外簡単に直るものです。
繋がらなくなった時に備えて知識をつけておきましょう。
どうしても振りたくなりますが、振っても直りません!

修理内容

上にもどる