コラム/修理レポート

2017.3.23

iPodClassic ハードディスク故障(神奈川県 S様) SDカード化 160GB⇒128GB 2017/03/23

神奈川県より配送にてハードディスクが故障してしまったiPodClassicの修理ご依頼を頂きました。症状は電源が入ってリンゴのマークは映りますが、その後いくら待ってもメニュー画面が映らないという状態で、リンゴのマークが映っている時にiPodClassicの本体から「ガリガリ」と普段聞こえないような異音がしておりました。本体から異音が聞こえる場合はほぼほぼハードディスクの故障ですのでSDカード化の修理で、またiPodClassicを使えるように出来ます。

症状 iPodClassic リンゴのマークから進まない

修理時間 約30分(即日でご返送致しました。)

修理料金 iPodClassic 128GB SDカード化 23,000円(税込)

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

2017-03-23 13.18.19

電源が入った時に映るリンゴのマークは表示されていますが、このまま何分待っても画面が変わりません。そして内部から異音が聞こえていました。

2017-03-23 13.20.09

診断の為にも分解をしていきます。iPodClassicは月に平均120台ほど修理をしておりますので手慣れた手つきで分解していきます。

2017-03-23 13.21.31

microSDカードをハードディスクの代わりに仮付けでテストを行っていきます。もしmicroSDカードの仮付けで正常に起動した場合はハードディスクの原因と判断が出来ますね。

2017-03-23 13.35.53

仮付けしたmicroSDカードで正常に動作が確認出来、iPodClassic側もmicroSDカードをきちんと認識していますね。原因はやはりハードディスクでしたのでお客様にご報告し、このまま128GBのmicroSDカードで修理となりました。この後組み立てなどを行っても15分ほどしか掛かりませんので、弊社に到着したその日のうちにご返送させて頂きました。

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

—————————————————————————

純正パーツを使用し品質の高い修理で安心安全。

来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!

iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し

基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

修理内容
/

上にもどる