業者様用修理レポート

2016.9.20

iPhone6/6 Plusに急増中の「タッチ病」の修理もおまかせください。

最近iPhone6/6 Plusに増えていると言われている「タッチ病」。

画面の上部に縦縞が現れタッチ操作が出来なくなってしまうというもの。

こちらの問題はさまざなApple系メディアで取り上げられております。

 

iPhone Mania

広がる「タッチ病」あなたのiPhone6/6 Plusは大丈夫?

 

APPBANK

iPhone 6/6 Plusを襲う不具合「タッチ病」が多発

 

弊社では基板修理の知識を活かし

iPhone内部の基板上のタッチICチップの交換を行っております。

 

お問い合せ

 

注意

iPhone6/6 Plusのタッチが効かない症状の

根本的な問題は設計にありタッチ操作を司るICチップを交換したとしても

また短期間で「タッチが効かない症状」はまた再発します。

「データのバックアップの為」など一時的な処置とお考えください。

 

Appleからの正式な発表はまだですが

これは明らかに「リコール」レベルの症状のため

本当であれば無償交換の対応が妥当ではありますが

Appleからはまだなにも発表が無いため

有償の交換となってしまいますが

「データのバックアップはあるが本体を直したい」という方は

Appleでの交換を強くオススメいたします。

 

【過去修理実績】

iPhone6  画面に縦縞が表示されタッチ操作が出来ない

 

タッチ病で多いのはこちらのような縦縞が出て

操作が出来なくなってしまうことが多いようです。

Exif_JPEG_PICTURE

 

もちろん触っても反応がありません。

テスト用のパネルをつけてますが新品のパネルをつけても

症状は変わりませんでした。

Exif_JPEG_PICTURE

 

新しいタッチICチップを用意し交換していきます。

R0010960_120415_054523_PM

R0010959_120415_054351_PM

 

交換後のチェックでは無事に操作が出来ていることが確認できました。

縦縞も出なくなりましたね。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

【過去修理実績】

iPhone6 Plus タッチ操作が出来ない

 

画面が左にスライドしてもまったく反応がありませんでした。

Exif_JPEG_PICTURE

 

基板上のICチップを外しているところです。

サイズとしては5mm×5mmほどの小さなICチップを

電子顕微鏡を使いながら交換していきます。

Exif_JPEG_PICTURE

 

ICチップ交換後のチェックでは

きちんと指が反応しスライド出来るようになりました。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

何度もいいますが

「これからもずっと使いたい」

「データはバックアップしてある」

などなどの方はAppleで交換をしてもらってください。

もしくは電気屋さんで機種変更をしてください。

 

「どーしてもデータが欲しい」

「子供の写真が欲しい」

「LINEのバックアップをしてない」

などデータがどーしても必要な方は修理をし

すみやかにiCloudなどを使いバックアップを行います。

本体は新しいiPhoneへ機種変更などを行ってください。

 

お困りの方、他店様で修理不可と判断された方は

ぜひご相談くださいませ

お問い合せ

—————————————————————————

純正パーツを使用し品質の高い修理で安心安全。

来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!

iPhone・iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し

基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

修理内容

上にもどる