コラム/修理レポート

2016.7.8

【同業者様からのご依頼】iPhone6sのバックライト点灯不良は基板修理にて修理可能です。

【同業者様からのご依頼】iPhone6sのバックライト点灯不良は

基板修理にて修理可能です。

 

ある県の同業者様から修理中のトラブルによって

バックライトが点灯しなくなってしまったiPhone6sの

基板修理を代行にてご依頼頂きました。

 

代行修理は随時受け付けておりますのでお困りの業者様は

お気軽にお問い合わせくださいませ。

バックライトが点灯しないiPhone6s

来店で修理配送で修理お問い合せ

 

紛れも無くiPhone6sですね。

iPhone6sの背面

 

まずは今の状態を確認してみましょう。

電源を入れた際に出るリンゴマークがうっすらと表示されています。

まさしくバックライトが点灯していない状態と言えます。

他にもバックライト切れ、バックライトショート、表示不良など

さまざま呼び方をしますが状態としては今回と同じ症状でございます。

RIMG0003_070816_044816_PM

 

それでは症状の確認は出来ましたので修理に取り掛かりましょう。

iPhone6s 基板写真

 

まずは故障箇所の確認からです。

下の写真は電子顕微鏡のモニターを写した写真ですが

基板上のフロントパネルのケーブルを繋げるコネクターあたりを拡大し見ています。

この辺りにバックライトを光らせる為のICチップがあり

修理中のトラブルによりICチップがショートしてしまっていましたので

ICチップの交換を行っていきます。

iPhone6s バックライト修理 電子顕微鏡の画像

大きさの比較のためにコネクターを写り込ませていますが

肉眼では到底見えないほどの大きさのICチップ交換になるため

電子顕微鏡が無いとまず原因箇所を探すことすら非常に困難となります。

 

 

ICチップ交換が終わり動作の確認へ移ります。

ご覧の通りきちんとバックライトが光り、起動画面が現れました。

iPhone6sをバックライト修理し修理が成功した後の写真

 

元のロック画面まで表示がされ起動にも問題無く修理が成功致しました。

この状態でバックアップをとりデータ復旧完了です。

iPhone6s バックライト修理終了後のロック画面

 

iPhoneのバックライト修理は修理実績も多く

壊れる箇所もある程度決まっていますので基板修理の中では比較的簡単に

出来る修理ではありますが稀に他の箇所が壊れてしまうケースもございます。

こればかりは実際に診断してからしか正確なお見積りはお出し出来ません。

 

診断費はいただいておりませんので

基板故障と思われる症状が現れた場合はまずはご相談ください

 

Mail: info@applejuice.jp

来店で修理配送で修理お問い合せ

 

—————————————————————————

Apple修理専門店のApple Juice
iPad iPod, Macなど様々なAppleの修理を行っております

■中野店 JR中央総武線中野駅 南口から徒歩2分
〒164-0001
東京都中野区中野2-23-1
ニューグリーンビル 609号室
TEL:03-6382-4670

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

修理内容
/

上にもどる