コラム/修理レポート

2017.5.19

【iPad Air 2】画面割れ修理 修理工程レポート

iPad Air 2の画面が割れてしまった症状の修理です。この度は画面交換作業工程をご紹介いたします。

症状 iPad Air 2 ガラス割れ(フロントパネル破損)

作業時間 約1時間

修理料金 iPad Air 2 フロントパネル交換修理 26,000円(税込)

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

屋外で使用中に前面から地面に落としてしまい画面が割れてしまったiPad Air 2世代のフロントガラス割れの修理のご依頼を頂きました。

こちらのお客様はなんと!岩手県盛岡市からわざわざ車で片道7、8時間かけて修理の為だけにお越しいただきましたm(_ _)m

お仕事上、配送などではご依頼出来ない事情があったようで本当にわざわざ遠いところからありがとうございました。

iPad Air 2世代は内部構造などがいままでのiPadと変わっており少しミスをしてしまうと起動不良などの重大な問題につながりかねないので修理対応を行ってないお店も多いようなので当店をご依頼頂きました。

それでは本題の修理工程に入ります。まずは本体を十分に熱し薄い金属製のヘラを使い前面のパネルを剥がしていきます。ここはいままでのiPadとほぼ同じ仕組みで組み立てられています。

360度、ぐるっと回しながら剥がしていきます。剥がし足りない部分があると分解に支障が出るのできちんと剥がしていきます。

 

ぐるっと剥がし終えると前面のパネルが開きます。ここも無理やりではなく慎重にゆっくり開けていきます。

 

 

前面のパネルと本体はケーブルで繋がっているのでここを傷めないように取り外します。

 

本体と前面パネルを外しました。これから本体に残った粘着テープを取り除いていきます。

慣れた手つきでフレームに残った粘着テープを取り除き綺麗な状態にします。ここの作業はiPad修理をするうえで非常に大切な作業になり、少しでも粘着テープが残っていると新しいパネルをつけたときに変な厚みが出たり、時間が経つとパネルが剥がれて来たりします。

 

さきほど取り外したパネルから再利用できるパーツを取り外します。ホームボタンのケーブルは粘着でしっかりと固定されており慎重に剥がしていきます。

取り外したパーツは無くさないようにマグネットシートに置いておきます。

再利用するパーツを取り外したフロントパネルは使う用途が無いのでこのまま廃棄してしまいます。

取り外した再利用パーツを新品のフロントパネルにすべて移植していきます。この時にホームボタンのパーツを傷つけないように気をつけながら作業を行います。

新品のフロントパネルを本体に接続し液晶の映りやタッチ操作の異常など無いか入念に確認をし問題が無ければこのまま組み立ていきます。

専用の粘着テープをを取り付けて組み立てをし作業完了です。

こちらのお客様は10時すぎにご来店頂きましたので実質の作業時間は約30分ほどでフロントガラス交換が終了致しました。ガラスの割れ具合にもよって多少前後は致しますが60分頂ければその日のうちにお持ち頂けます。

iPad Air 2世代は構造的な難しさもあり修理受付を行っているお店もそんなに多くないと思いますが弊社ですとご予約をいただければ最長60分で修理を行えますのでもし故障してしまった方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

—————————————————————————

純正パーツを使用し品質の高い修理で安心安全。

来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!

iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し

基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

修理内容

上にもどる