コラム/修理レポート

2016.1.20

iPad Air 映像が出力出来ない ドックコネクター交換修理

iPad Air 映像が出力出来ない ドックコネクター交換修理

 

Lightning Digital AVアダプタを使ったHDMI出力が出来なくなってしまったとのことで、

郵送にてiPad Airのドックコネクター交換修理のご依頼を頂きました。

 

ご利用されているアダプタも一緒にお送り頂きましたので、

弊社のディスプレイで確認して見たところ、確かにHDMI出力が出来ない状況でした。

このような症状の場合、ほぼ100%ケーブルを差し込むドックコネクター部分の損傷です。

早速分解し、ドックコネクターのパーツを交換したところ、

問題無く映像を出力することが出来ました。

※お客様から掲載許可を頂いております。

 

しかし、今回の修理で1点ミスがありました。

iPad Airのドックコネクター交換の場合、フロントパネルを開け、

基板を取り出し、ハンダ付けする必要があるのですが、

フロントパネルを開ける際に、お客様が貼られているガラスフィルムを

割ってしまいました。

※お客様から掲載許可を頂いております。

 

iPad Airのフロントパネルには「ゴリラガラス」という特別なガラスが使われており、

たわみなどに非常に強く出来ているのですが、一般に市販されているガラスフィルムは

普通のガラスを使っいるものが多く、そりやたわみに非常に弱くなっています。

そのため、ご来店で修理をご依頼のお客様には「万が一割れてしまったらごめんなさい」と

お断りをさせて頂いたうえで作業にあたるのですが、

今回は郵送のお客様でしたので、確認が漏れてしまいました。

 

今回は事情をお話ししたところ、「本体のガラスが割れていなければ良い」とのことで

ご容赦頂きました。許可を頂きましたので、お客様から頂いたメールを一部転載させて

頂きます。

 

「私は小学校で体育の教師をしていますが今朝の授業ではiPadが思うように使えたせいか、

子どもたちには分かりやすかったようで、たくさんの笑顔を見ることができました。

ガラスフィルムが割れたことぐらいは私にとっては大したことではなく、

以前のような授業と子どもたちのできたという喜びをアシストできる環境に戻れたことがとても嬉しいです」

 

トラブルはあったものの、私共が修理させて頂いたものをご活用頂き、

本当に嬉しく思います。

 

私たちはプロですので、極力ミスが無いように作業にあたっています。

しかし、修理にミスは付き物です。修理以外の部分を壊してしまうことがあります。

そういった場合は、まずお客様に事情を説明し、誠心誠意謝罪させて頂いた上で、

全力で修復致します。白を切ったり、お客様を騙したりは絶対に致しません。

 

本日はいつもの修理レポートとは異なり、弊社のポリシーについて書かせて頂きました。

今後ともお引き立てのほど、よろしくお願い致します。

 

iPad Airの修理料金表はこちら

※液晶にフィルムを貼られている場合、修理に伴い破損する場合があります。

※アクセサリーを用いた出力不良の場合、そちらも一緒にお持ち下さい。

 

修理でお困りの場合はお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

来店修理のお申し込み

配送修理のお申し込み

 

中野店でだけでなく、吉祥寺店でも承っておりますので、

お気軽にご相談下さい。

 

—————————————————————————
Apple修理専門店のApple Juice
iPad iPod, Macなど様々なAppleの修理を行っております

■中野店 JR中央総武線中野駅 南口から徒歩2分
〒164-0001
東京都中野区中野2-23-1
ニューグリーンビル 609号室
TEL:03-6382-4670

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

Mail:info@applejuice.jp
HP :http://www.applejuice.jp/
—————————————————————————

修理内容

上にもどる