コラム/修理レポート

2015.11.20

iPod Classic 曲が入らない ハードディスク異常 SSDへ換装修理

iPod Classic 曲が入らない ハードディスク異常 SSDへ換装修理

 

今回ご利用頂いたのは曲の同期が出来なくなり、動作が不安定になったiPodClassicの

ハードディスクからSSDへの換装修理レポートです(^^)

 

関連修理レポート

・iPodClassic 赤いバツマーク表示 HDDからSSDへ交換修理

・iPodClassic SSD交換 512GB

 

■来店での修理のお申し込みはこちら

■配送での修理のお申し込みはこちら

 

 

iPodClassicは「設定」→「情報」から下記の画面になり

曲やビデオがどのくらい入っているかを

確認できるのですが、こちらのiPodClassicは「その他」が

すべての容量を占めており曲などが一切入っていないと表示されています。

 

 

このような状態になる原因としては

内部のハードディスクが経年劣化により傷んでしまい

データの出し入れが出来なくなると

容量の中で「その他」が占めてしまい

iTunesでの同期なども出来なくなってしまいます。

 

今回はSSD 256GBへ交換していきます。

それでは分解を進めていきます。

内部のハードディスクは東芝製の「MK1634GAL」を使用しており

現在では新品で手に入れる事は難しく手に入れれたとしても

本当に新品かどうか怪しいものがオークションなどに出ており、

怪しいものを使用できないので当店ではすべてSSDへの交換を

行っております。

 

今回交換するSSDはTranscend製の256GBを使用します。

SSDだけではiPodClassicに接続出来ないので、

専用のアダプターを海外から輸入しテストを繰り返した、

信用できるものを使用しております。

 

iPodClassicに取り付け、初期化の作業を進めます。

iTunesに接続すると復元を進められますのでそのまま復元をし

OSをSSDにインストールします。

時間で言うと分解からここまで約10分ほでです。

復元作業が終わり、通常起動を確認します。

iPodClassicのSSD化は作業自体は単純なので

ご自身でも出来る作業ですが、

初めの作業のiPodClassicの分解が難しく

綺麗に仕上げる為にはコツがいり

ご自身でされた場合は、背面のパネルがボロボロに

なるパターンも非常に多いため、

部品をお客様でご用意していただき

取り付け作業などはこちらで行うことも出来ます。

(取り付け作業工賃などはお問い合わせくださいませ

 

今回の修理は配送でのご依頼でしたが

来店の場合は事前にご連絡頂ければ、ご希望のご来店日時に

ご予約をお取りすることも出来ます。

作業時間は約30分ほどで仕上がります。

 

iPodClassicの修理料金表はこちら

 

修理でお困りの場合はお気軽にお問い合わせくださいませ

 

来店修理のお申し込み

配送修理のお申し込み

お電話でも受け付けております

03-6382-4670

 

————————————————————————–
JR
中央総武線中野駅徒歩2
Apple
修理専門店のApple Juice

164-0001

東京都中野区中野2-23-1
ニューグリーンビル609

TEL03-6382-4670
HP
:http://www.applejuice.jp/
—————————————————————————

修理内容
/
修理時間
30分

上にもどる