コラム/修理レポート

2017.4.20

杉並区よりiPodClassic修理 起動しない症状 バッテリーとハードディスク交換

東京都杉並区よりご来店にてiPodClassicの起動不良の症状のご依頼を頂きました。バッテリーが劣化してしまいうまく起動ができない状況でしたのでバッテリー交換修理と、お客様のご希望でフラッシュメモリー化256GBを行いました。

症状 iPodClassic 起動不良

修理時間 約30分

修理料金 iPodClassic バッテリー交換、フラッシュメモリー化256GB 33,000円(税込)

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

充電ができず起動がうまくできないとのことなのででバッテリー交換と、お客様のご希望でハードディスクからフラッシュメモリーへの交換を行いました。まずは、ヘラを使って開腹していきます。

R0010832

中はこのようになっています。左上部の小さいのがバッテリー、右側の大きいのがハードディスクです。

R0010833_111515_044914_PM

こちらがバッテリー。意外と(?)小さいですね。ソフトウェアの工夫で省電力化が進んでいるものの、やはり長年使うと劣化していきます。こちらを新しい物に交換してやることで、新品同様の駆動時間に戻すことが出来ます。

R0010836

ハードディスクはこちらの大きいのです。東芝製ということがわかります。ハードディスクは曲の情報を貯めておく大切な部品なのですが、内部にCDのような回転部品を使っているため非常に故障しやすいです(^^;)特にiPodのように持ち歩いて使うものですと、経年で不具合が出てくる可能性が非常に高い!しかし、この大切な部品であるハードディスクは生産が終了しており、新品の物を用意することが出来なくなってしまいました。そこで、弊社ではハードディスクの代わりにフラッシュメモリーへの換装をオススメしています。フラッシュメモリーは振動に非常に強い!今回ご用意したものは256GBのものですので、iPodClassic(160GB)より容量もUP!故障に強い! 容量も大きい! いいことづくめですね(^^)

R0010834

新しいバッテリーとフラッシュメモリーを接続し、iTunesで初期化してやります。

R0010837

お馴染みのアップルマークが表示され、しばらく待っていると・・・。

R0010831

無事に電源が入りました!

R0010838

容量を確認すると、このとおり!(なぜ256GBが238GBになっているか疑問な方はこちら

R0010841

元通り組み立てて動作確認です。

R0010839

発売されて6年程経っていますが、これでまだまだお使い頂けますね(^^)

R0010842

 

今回は来店でのご依頼でしたの少し店内でお待ち頂き、約30分ほどで修理が終わりました。事前にご連絡頂ければ、ご希望のご来店日時にご予約をお取りすることも出来ます。修理でお困りの場合はお気軽にお問い合わせくださいませ

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

—————————————————————————

品質の高い修理で安心安全。

来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!

iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し

基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

来店での修理です。

修理内容
/ / /
修理時間
20

上にもどる