コラム/修理レポート

2015.10.10

東京都中野区 iPodClassic 赤いバツマークが出てしまったiPodClassic 2台修理

まだまだ人気のiPodClassicですが

購入から年数も経っておりあちこちに

不具合が出ていませんか?

 

今回ご来店頂いた方はiPodClassic 160GBモデルが

2台とも赤いバツマークが出てしまっており

起動が出来ないため何も出来なくなってしまったとのこと。

 

多数の修理経験から言いますと

赤いバツマークが出てしまった場合は

99%、内部のハードディスクが原因の為

ハードディスクの交換が必要となります。

(ほんと稀にハードディスクが原因では無い時があります)

 

が!!

iPodClassicに収まるハードディスクは

もう生産が終わっており新品で手に入れることは

ほぼ不可能のため

同じハードディスクに交換は出来ません。

(中古の物は出回っていますがいつまで使えるか分からないため

当店では使用しません)

 

そこで当店ではSSD(フラッシュメモリー)を

ハードディスクの代わりにiPodClassicに換装する

サービスを行っております。

 

金額は少し高いですが

・衝撃に強い

ポータブル機には最適

・電力消費が少ない

バッテリーが長持ちします

・ハードディスクに比べ読み込み書き込みが早くなる

iPodClassicの動作が少し速くなります

 

などのメリットがたくさんあります!

 

iPodClassicで赤いバツマークが出てしまった場合は

諦めずにSSDへの換装を是非!

 

当店ではiPodClassicの不具合にほぼすべて対応しております。

・片耳からしか音が出ない

・バッテリーのへりが早い

・充電コネクターがボロボロになっている

・画面が割れた

・ホールドボタンが効かない

・電源が入らない

など他店では行っていない修理まで行っております。

 

————————————————————————–
JR中央線中野駅徒歩2分
Apple修理専門店のApple Juice

〒164-0001 東京都中野区中野2-23-1
ニューグリーンビル609号

TEL:03-6382-4670
HP :http://www.applejuice.jp/
—————————————————————————

来店での修理です。

・SSD 256GB交換

修理内容
/
修理時間
30分

上にもどる