コラム/修理レポート

2018.6.11

突然電源が入らなくなったiPhone6sも基板修理で最短1日で修理可能でございます。

先日iPhone修理業者様より電源が入らないiPhone6sの基板修理をご依頼頂きました。

お客様いわく特に水没もしていないし落としたわけでもなく、気が付いたら電源が入らない状態になっていたようです。修理業者様のほうではバッテリーや画面を変えたり、強制再起動を試してみたりと出来ることはすべて試して頂いたようですがそれでも効果がなく、弊社にご依頼を頂きました。

IMG_0114 2

■ 症状 iPhone6s 電源が入らない
■ 作業時間 2時間

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

⇓LINE@始めました。LINEからでもお問い合わせいただけます。

友だち追加

↓バッテリーや画面パネルなど部品の異常ではないためまずは基板を取り出して、基板上の故障を確認してみます。

IMG_0110

↓バッテリーを使わずに基板へ直接電流を流せる機器へ繋いでみました。上の数値は電圧、下の数値は電流ですが本来は上の電流は約5V、下の電流は0Aになるはずは 2.4Vと4.57Aと異常な数値が出ております。こういった数値が出る場合は基板上の一番太い電流が流れる信号がショートを起こすとこういった数値が表示されます。

IMG_0111

↓故障箇所の特定をし原因のコンデンサを交換しました(原因箇所は企業秘密です) コンデンサのサイズを分かっていただくために1円玉の上にコンデンサを置いて電子顕微鏡で撮影してみました。フッと息を吹きかければ簡単に飛んで行きそうなほど小さな電子部品が1個壊れただけでもiPhoneは起動しなくなってしまいます。

IMG_0113

↓コンデンサを交換し電流の状態をチェックし正常に戻りましたので、組み立てて起動を確認いたしました。iPhoneのデータは「全部消えているか、全部残っているか」のどちらかしかありませんので、画面ロックのパスコードが残っている時点でデータはすべて残っており元の状態に戻ったと言えます。

IMG_0114 2

今回は配送にてご依頼頂きましたが、もちろんご来店でのご依頼も承っております。

またお近くにiPhoneの基板修理を行っているお店が無いお客様はぜひ弊社の配送修理サービスをご利用ください。
弊社は全国返送料無料で行っており、追加でかかるのは発送時の送料のみです。

■ 症状 iPhone6s 電源が入らない
■ 作業時間 2時間

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

⇓LINE@始めました。LINEからでもお問い合わせいただけます。

友だち追加

—————————————————————————
品質の高い修理で安心安全。
来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!
iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し
基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

修理内容
/

上にもどる