コラム/修理レポート

2018.3.25

iPodClassic : iTunesと同期が出来ない⇒HDDをmicroSDへ交換修理(配送でのご依頼)

滋賀県にお住まいのお客様より「iPodClassicがiTunesと同期が出来なくなってしまった」と配送にて修理ご依頼を頂きました。

まずは診断から初めましょう。下のiPodClassicのおかしなところにお気付きですか??  左側には使用容量、右側には空き容量が表示されるはずですがどちらも「0KB」と表示されています。まったく曲が入っていないのにまったく空き容量がない。なんておかしいですよね?笑

これはiPodClassicでハードディスクが壊れた時に出る症状の1つでして、ハードディスク自体にどれだけ容量が入っているか把握出来なくなるとこうゆうおかしな表示になってしまいます。では修理に取り掛かりましょう。

IMG_6841

■ 症状 iPodClassic iTunesと同期が出来なくなった⇒ハードディスク故障
■ 作業時間 約30分 

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

まずは分解から。iPodClassicは外側にネジが無く金属のツメではめ込み式に組み立てられているので、ヘラを使い分解していきます。慣れれば30秒もあれば分解できちゃいます。

IMG_6844

手に持っているのが今回の症状の原因になったHDD(ハードディスクドライブ)です。気持ち程度の緩衝材がHDDの周りについてますね。

IMG_6845

取り外したHDDの代わりにmicroSDとmicroSD変換アダプターを取り付けます。品質にこだわってmicroSDはサムスン製、変換アダプターはイギリス製の物を使用しております。ほとんど不具合無く使用出来るので修理をする人間にとっても安心できる部品です。

IMG_6846

128GB分のmicroSDカードを取り付けましたが、iPodClassicで認識されるのは119GBとなります。元の160GBのHDDも使用できたのは約149GBでしたが、入れる容量と認識される容量は少し誤差が出てきます(この辺の説明は難しいので割愛いたします)

IMG_6847

約30分ほどで簡単に終わる作業ですのでお困りの方はご相談くださいませ。

本日もAppleJuiceをご利用頂きましてありがとうございました。

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

—————————————————————————
品質の高い修理で安心安全。
来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!
iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し
基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

修理内容

上にもどる