コラム/修理レポート

2018.3.19

USBメモリ折れ : 根元から折れてしまったUSBメモリの修復作業(ソニー製 16GB)

北海道にお住まいのお客様より「先端が折れたUSBメモリからデータを取り出したい」とご依頼を頂きました。

USBメモリ(USBフラッシュドライブ)の歴史は意外と長く2000年ごろから日本で販売されましたが、当時はなんと16MB、32MB、64MBしか容量がなく写真だとたった数枚しか保存出来ないぐらい容量の少ないものでした。しかし2018年には128GBを超えるUSBメモリも市販されており容量増加の進化がかなり早いメディアとも言えます。

しかし形状の進化は当時からまったくなく、本体が長くPCに挿す部分は短い構造となっており大変折れやすい形状なため、今回のようにUSBメモリの先端が折れてしまうご依頼が跡を絶ちません。

IMG_6785

■ メーカー:ソニー製 16GB(型番不明)
■障害内容:USB先端の折れ
■修理時間:作業30分 新しいUSBメモリへのデータ移行 40分
■作業内容:折れた部分を接合し別のUSBメモリへのデータ移動
■ 修理料金:USBメモリ折れ 基板部の損傷・・・10,000円(税込)

来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

IMG_6786

まずは状態の確認から。先端部分がメモリ本体から見事に折れてしまっています。弊社に到着した時点では完全に分離しておりもちろんパソコンにも繋げれない状態でした。

IMG_6787

次に電子顕微鏡での確認を。先端部分とメモリ本体を繋ぐ端子に損傷が無いか確認します。今回ご依頼のUSBメモリはUSB3.0ですので端子が合計9本ありまずので必要な箇所を先端部分と繋ぎ合わせていきます。

IMG_6789

9箇所の端子と先端部分をエナメル線で1本1本繋ぎ合わせます。難しい作業ではないですが端子1つ1つが細かく、端子同士も近いので半田ごても先端が細いものを使ってエナメル線を繋ぎ合わせていきます。

IMG_6790

9本すべてを繋ぎ合わせてパソコンでデータの移行を行います。今回は新しいUSBメモリも同梱されておりましたので保存されていたすべてのデータを新しいUSBメモリへ移行作業も行い作業完了となります。

作業自体は約30分、データの移行に約40分ほど掛かりましたがデータの量が少なければさらに早く終わることもございます。

来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

—————————————————————————
品質の高い修理で安心安全。
来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!
iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し
基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

修理内容

上にもどる