コラム/修理レポート

2018.1.3

iPhoneを紛失した場合のデータ復旧について

壊れたiPadからデータ復旧するには?

・・・

紛失したiPhoneを探そう

iPhoneをうっかり落としてしまい、破損したときにデータ復旧が可能であるかどうか心配になるものですが、紛失したときのデータ復旧についても気になります。
持ち運びしやすいサイズのiPhoneは、置き忘れやポケットから落ちてしまい紛失してしまうケースが多いです。
紛失したiPhoneはデータ復旧ができないイメージがありますが、紛失してもデータを復元する方法があります。
まずは、紛失したiPhoneがどこにあるかを探しましょう。
探し方は、様々ですが自分のiPhoneに電話をかけて着信音を頼りに探したり、GPSを使用したりする方法があります。
GPSを使用すると地図上のiPhoneの位置が表示されますが、GPSの機能がオフになっているときには、この機能は使うことができません。
iPhoneのバッテリー残量が少ないときには、iPhoneの位置情報をAppleに自動で送信してくれる「最後の位置情報を送信」という設定をオンにしておきましょう。
この設定でパソコンや知人のiPhoneを使用して、iPhoneを探すことが可能になるのです。
紛失したiPhoneを探そう

iTunesからデータを復元

紛失したiPhoneのデータ復旧については、iTunesやiCloudのバックアップから復元することができます。
紛失したiPhoneが見つからなかったときは、データ復旧をするしかありません。
iTunesにしっかりとバックアップを取っているという人は、iTunesからデータを復元してみましょう。
まずは、データ復旧できるソフトをインストールしてください。
dr.fone-iPhoneデータ復元というソフトをインストールし、メイン画面であるデータ復元をクリックします。
次に、iTunesバックアップファイルから復元を選択し、スキャン開始をクリックしましょう。
スキャンが終了すると、バックアップしていた内容が確認できます。
復旧したいデータを選び、パソコンに復元するか、新しいiPhoneがある場合はデバイスに復元を選択すると完了です。
iTunesからデータを復元

iCloudからデータを復元

iCloudにバックアップをしている場合は、メイン画面のデータ復元をクリックしたあと、iCloudバックアップファイルから復元を選択し、iCloudにサインインします。
復元したいファイルを選び、ダウンロードをクリックし、デバイスに復元というボタンをクリックすると選択したiPhoneにデータ復旧することができるのです。
紛失してしまってもiTunesやiCloudにデータをバックアップしていれば、大切なデータが戻ってきます。
バックアップを取る作業が面倒に感じる人もいるかもしれませんが、定期的にデータはバックアップしておきましょう。

修理内容

上にもどる