コラム/修理レポート

2017.10.30

リカバリーモードのiPhoneからデータ復旧するには

リカバリーモードのiPhoneからデータ復旧するには

・・・

リカバリーモードとは?

iPhoneが、リカバリーモードになってしまったという人もいるのではないでしょうか。
リカバリーモードとは、iPhone画面が暗くなり、iTunesマークが出てiPhoneケーブルを接続するように指示する状況のことを指します。
その際、iPhone画面に表示されている指示通りにiTunesをパソコンで起動させ、iPhoneと接続するでしょう。
指示通りに接続を行うと、「iTunesはリカバリーモードのiPhoneを見つけました。iTunesでご利用になる前に、このiPhoneを復元する必要があります。」と表示されます。
このとき、指示通りに「OK」を押してしまいそうになりますが、「OK」を押すと全てのデータが削除されるため、注意しましょう。
iPhoneの復元とは、iPhoneの購入時と同じデータになるため、全てが初期化された状態になります。
iPhoneに入っているデータが初期化されると、データ復旧をすることが難しいです。
リカバリーモードとは?

リカバリーモードになる原因

iPhoneがリカバリーモードになる原因は様々です。
例えば、iOSのアップデート中に使用していたWi-Fiが切れる、接続していたパソコンがスリープモードや電源が切れる、iPhoneの電源が落ちてしまったときが多いのではないでしょうか。
また、iPhoneのバックアップしている最中にWi-Fiや電源が切れてしまったときもリカバリーモードになります。
それ以外の原因では、iPhone本体の故障が挙げられます。
iOSの起動中や書き換え中に中断され、正常に起動できない状態をリカバリーモードといいますが、このような状態になったときは、できるだけデータ復旧し、元通りにしたいものです。
データが初期化されても、iTunes内にデータをバックアップしていれば問題なく、データ復旧を行うことができますが、バックアップを取っていないという人は、iPhoneを強制終了し、再起動させてください。
一度で元に戻らなければ、数回行いましょう。
iTunesにバックアップしていない状態でも、iCloudにバックアップしていれば問題ありません。
リカバリーモードになる原因

iPhone修理の専門業者に相談しよう

リカバリーモードに初めてなったという人は、正しいデータ復旧方法を知らなければ初期化されてしまうため、iPhone修理の専門業者に相談してみてはいかがでしょうか。
iPhone修理の専門業者であれば、リカバリーモードを解除することができるかもしれません。
バッテリーを交換するとリカバリーモードが解除されることもあるため、バックアップをしっかり取っていないという人は、リカバリーモードが表示されたままiPhone修理の専門業者に持って行きましょう。

修理内容

上にもどる