コラム/修理レポート

2017.9.28

【iPodClassic】曲が入らなくなってしまったiPodClassic修理 HDD⇒microSD 128GB化

2017-09-25 16.18.32のコピー

弊社での定番修理であるiPodClassicの修理レポートをご紹介いたします。

今回のご依頼はiTunesで同期を試しても結局1曲も曲が入らなくなってしまったiPodClassicです。この症状の修理は本当に毎日数台はご依頼頂いております。

■ 症状
・曲の同期が出来なくなってしまった

■ 修理時間
約30分

■ 修理料金
・ハードディスクからmicroSDカードへの交換作業 (128GBへ増量)

合計・・・・23,000円(税込)

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

まずは分解していきましょう。画面右側の青いスポンジが貼られてある大きな部品が今回の原因箇所、「ハードディスク」と呼ばれるデータを保存する部品となります。現在はmicroSDやUSBメモリなども大容量化が進んでいますが、こちらのiPodClassic(2009年モデル)が販売された頃は大容量なメディアはハードディスクぐらいしかありませんでした。

2017-09-25 16.19.55

ハードディスクの代わりにmicroSDカードを取り付けていきましょう。microSDカードはそのままではiPodClassicと接続が出来ませんので、イギリス製のiFlashと呼ばれるメーカーさんのiPodClassic(iPodVideo)専用のmicroSD変換アダプターを使いmicroSDとiPodClassicを接続させてあげます。

2017-09-25 16.20.40

iFlashを取り付けて組み立てを行いパソコンでフォーマットとOSのインストールを行います。空っぽだったmicroSDカードにiPodClassic用のOSがインストールされ、今まで同様の使用感で使えるようにします。

2017-09-25 16.22.06

OSのインストールが終わり今まで通りに起動するようになりました。microSDカードとiFlashの動作確認の為に曲の同期を何度も行い、きちんと動作することが確認し作業完了となります。

2017-09-25 17.07.46

作業時間は約30分ほど。ご来店の場合はすぐにお持ち帰り頂け、配送でのご依頼の場合でも最短即日でご返送が可能な作業となります。

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

—————————————————————————

品質の高い修理で安心安全。

来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!

iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し

基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

修理内容

上にもどる