コラム/修理レポート

2017.10.9

iPhoneが水没してしまった時のデータ復旧について

iPhoneが水没してしまった時のデータ復旧について

・・・

iPhoneが水没した際の対応について

定期的にiPhoneのデータをバックアップしていると、水没してしまった際にも安心ですが、バックアップしていないケースもあります。
その結果、iPhoneが水没してしまうとデータ復旧で困ってしまうこともあります。
スマートフォンの中には、生活防水機能が付属している機種もありますが、iPhoneには付いている機種が少ないです。
そのため水没だけでなく、何らかの作業の際に水に濡れてしまうだけで故障するケースもあります。
まず、水没してしまった際にやってしまいやすい、間違った方法を知っておきましょう。
しっかりと電源がつくか試すために、水没してから電源を入れる人もいますが、絶対やってはなりません。
電源を付けてしまうとショートしてしまう原因となるため、やめておきましょう。
そして、刺激を与えることで直ると考え、振ったり叩いたりする人もいますが、これも行うべきではありません。
また充電や熱を与えて乾燥する行為も控えてください。
データ復旧を行うためには、まず水没直後の対応方法が重視されます。
iPhoneが水没した際の対応について

水に濡れたiPhoneのデータを復旧させる

水に濡れてしまった状態次第では適切に乾燥させたり、修理を行ったりすることで無事元通り使えるケースもあります。
しかし、すぐに復旧できるわけでもありません。
水没してしまうと、一定期間データのバックアップや復旧などができないケースもあります。
仮にiPhoneを再び使用できる状態に回復させられたとしても、もともと中に入っていたデータが使用できるかは保証がありません。
そのような際に、あらかじめバックアップを行っていると、問題なくデータ復旧が可能になります。
バックアップさえしっかりと取っておけば、iPhoneが水没後に機能回復しなくても、データ自体は新しいiPhoneで復旧させることができます。
定期的なバックアップを取ることで、大切なデータを失うリスクを避けられるでしょう。
iPhoneがウイルス感染したときは

水没したiPhoneのデータ復旧に関して

iPhoneのデータ復旧の際に用いられることが多い方法が、iTunesバックアップやiCloudバックアップからデータ復旧を行う方法です。
これらのデータがあれば各種データ復旧ソフトを使うことにより、気軽にデータを復元させることが可能でしょう。
しかし、水没段階でまだデータバックアップを行っていない場合には、これらの方法は使えません。
水に濡れた際の状況次第では、その段階でバックアップを急いでとることにより、いざという際に復旧できるようになるでしょう。
ただこの方法にもデメリットがあるので、適切な修理を行うことが望ましいでしょう。

修理内容

上にもどる