コラム/修理レポート

2017.8.7

【データ復旧】iPhone6 水没して電源が入らなくなった⇒無事復旧しデータバックアップ完了

2017-08-07 14.47.48

AppleJuiceエンジニアの竹内です!

8月に入り毎日暑い日が続いていますね。暑くなると行きたくなるのが海や川、プールなどでしょうか。iPhoneの水没復旧依頼は1年間を通してご依頼頂きますが、特に夏場は水場へ出かけることが多くなりさらに水没復旧依頼が増える季節になります。

今回の修理レポートも水没してしまい電源が入らなくなったしまったiPhone6の水没復旧作業をご紹介致します。

よくお客様から「水没修理をすればまた元通り使えますか?」「残債が残っているので後3ヶ月は使用したいのですが大丈夫ですか?」などのご質問を頂くのですが、はっきり言って水没したiPhoneはすぐに買い換えるのが1番です。iPhone7などは耐水性が上がり水場での使用にも強くなりましたが、一度水に触れてしまった電子部品は見た目では綺麗でも内部の奥深くにサビや腐食が発生し徐々にiPhoneを蝕んでいきます。

水没復旧作業をし元通りに戻った場合でも、短期間で何かの機能が使えなくなったりまた電源が入らなくなったりと不具合だらけのiPhoneになる可能性が高いため、電源が入らなくなったiPhoneが復旧できた場合は速やかにバックアップをして、新しいiPhoneへ買い替えた方がトラブルも少なく使用できる一番の方法です。

今回ご依頼頂きましたiPhone6はデータのバックアップを一度も行ったことが無く、数年分のデータを取り戻したい!というお客様からご依頼を頂きました。

■ 症状
・iPhone6 水没し電源が入らなくなった

■ 修理時間
・2日間

■ 修理料金
・iPhone6 水没 起動不可からのデータ復旧作業・・・35,000円(税込)

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

水没復旧作業は時間との勝負ですので、到着早々分解し内部を確認いたします。他店ですでに洗浄をしてもらったらしいので内部には液体の跡などは残っていませんでした。

2017-08-07 14.58.51

しかし基板上の一部に洗浄しきれていない箇所がありました。こういった洗浄しきれていない水没跡はショートを起こし起動不可の原因に繋がります。基板には電子部品を守るための金属製のカバーがついていますがこのカバーを取ってから洗浄をしないと、すべての水分を洗浄しきれず電子部品の故障に繋がります。

2017-08-07_14_47_27

洗浄しきれていない箇所はこのように腐食として基板上に残ります。腐食は放置すると基板内を蝕んでいき徐々に内部を破壊していきます。奥の奥まで蝕まれた場合は手のつけようが無く残念ながら修理不可能になる場合もございます。水没はとにかく時間との勝負です。

2017-08-07 14.47.48

腐食をすべて綺麗に洗浄をし洗い流し、ショートしている電子部品を取り除いたり交換をしたりしなんとか起動出来るようにまで復旧することが出来ました。残念ながらアウトカメラとスピーカーの機能が使用出来なくなっていましたが、あくまでの弊社の作業は「データ復旧」となり使用できない機能が残ってしまった場合でも、あえて修理はせずに「データ最優先」で取り組み、iPhone自体は買い替えをお勧めしております。

2017-08-07 14.58.27

Appleさんや他の修理屋さんで修理不可と言われてしまいデータを諦める事になった方も是非ご相談くださいませ。弊社はデータ復旧作業に対応している為、復旧不可と判断された端末も多数復旧してきた修理実績がございますので諦める事が出来ないデータを救出する為に他店には無い高い技術力で修理を行っております。

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

—————————————————————————

品質の高い修理で安心安全。

来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!

iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し

基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

修理内容
/ /

上にもどる