コラム/修理レポート

2017.7.27

【データ復旧】iPhone6 起動不良⇒無事に起動しデータバックアップ完了

2017-07-23 17.11.48のコピー

AppleJuiceエンジニアの竹内です!

弊社ではApple製品修理屋さんでは珍しくiPhoneやiPadなどの「基板」と呼ばれる部分まで復旧作業を行っております。今回ご依頼頂きましたiPhone6は走行中に地面に落としてしまい画面の右上が大きく破損しさらに起動できない状態でご依頼頂きました。

最初はバッテリーなどが原因で起動しないと思っておりましたが、「基板」にも衝撃が入ってしまったらしく新しいバッテリーなどを取り付けても一切起動しませんでした。今回はこちらの端末の修理レポートをご紹介致します。

■ 症状
・衝撃により起動しなくなった

■ 修理時間
・2日間

■ 修理料金
・iPhone6 起動不可からのデータ復旧作業・・・35,000円(税込)

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

iPhoneの心臓部「基板」を診断していきます。iPhoneの基板は意外と小さく本体の半分以下のサイズしかありません。そこにはいろんな機能を動かすための大小様々な電子部品が搭載されております。その中から起動しない原因を探し無事にデータを取り出す作業が「データ復旧作業」となります。

2017-07-23 17.14.24

基板を診断していきますと一つの答えにたどり着きました。iPhoneの画面が割れた時に恐らく水が侵入し、基板上の一部のコンデンサを壊しておりこのコンデンサが原因で起動出来ない状態になっておりました。壊れた電子部品は人間で例えると「腫瘍」のようなものです。人間は腫瘍が見つかってもすぐに死んでしまうことはありませんが基板は違います。腫瘍が1つでもあると基板全体にデタラメな電流を流してしまい、正常に起動するときの妨げになってしまいます。起動の妨げになっていた電子部品を新しい物と交換をし再度起動確認を行います。

2017-07-23 16.59.35

基板上の電流は正しい値になり、起動に必要な電流もきちんと測定され映らなかったリンゴマークが表示されるようになりました。このあとも正常に動きiPhoneのバックアップも完了いたしました。こちらのiPhoneは元のように動くようになりましたが衝撃のダメージにより、短期間でまた使えなくなる可能性がありましたので使用できるようにまでは施工はせず、お客様にはiPhoneのお買い替えをお勧めさせて頂きました。

2017-07-23 17.03.35

Appleさんや他の修理屋さんで修理不可と言われてしまいデータを諦める事になった方も是非ご相談くださいませ。弊社はデータ復旧作業に対応している為、復旧不可と判断された端末も多数復旧してきた修理実績がございますので諦める事が出来ないデータを救出する為に他店には無い高い技術力で修理を行っております。

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

—————————————————————————

品質の高い修理で安心安全。

来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!

iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し

基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

 

 

修理内容
/ /

上にもどる