コラム/修理レポート

2017.5.29

落下の衝撃が原因で電源が入らなくなったiPhone5sからのデータ復旧作業 (山口県 S様)

AppleJuiceエンジニア竹内です。

本日作業を行いましたiPhone5sからのデータ復旧作業レポートをご紹介いたします。

こちらのiPhone5sは地面に落としてから「リンゴマーク」⇒「電池マーク」⇒「真っ暗」⇒「リンゴマーク」をずっと繰り返すようになってしまいとお問い合わせを頂きました。山口県にお住まいとのことでしたのでクロネコヤマトさんを使い送って頂きました。

症状 iPhone5s 落下が原因で電源が入らない

作業時間 約1日間

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

画面上部のガラスが無くなっており、インカメラがむき出しの状態になってしまっていました。恐らく前々からガラスが割れており今回の落下によって更に画面が割れてしまっと思われます。このようにガラスが割れてしまっていると内部の基板や他のパーツにまで衝撃が入ってしまい今回のように起動不良にまでなってしまうケースが多々あります。

2017-05-29 15.22.02

分解をして基板の確認をしていきます。起動ができない時はバッテリーが壊れていることもありますが今回はバッテリーを仮で変えても変化が無かったため、基板のチェックへ進みます。

2017-05-29 15.30.45

電子顕微鏡を使い細かな電子部品をくまなくチェックして行きます。落下の衝撃がどれだけ大きかったかは分かりませんが、こういったケースは必ず基板上のどこかが外見から分かるぐらい破損していることが多いです。コンデンサやフィルターと呼ばれる電子部品は設計図に合わせて配置されており、意味が無い部品はひとつもありません。どこかに必ず破損箇所がありますので、回路図と照らし合わせながら確認をしていきます。

こういった基板の回路図などの資料もあるとないとでは復旧率に大きな差が生まれます。弊社では世界中の情報やそれぞれの機種の回路図を元に多角的に分析しデータ復旧にあたっておりおります。

2017-05-29 15.35.25

2017-05-29 19.12.08

破損箇所の特定と修復が終わり起動の確認をします。元々はリンゴマークがすぐに消えてしまう状態でしたが修復後はリンゴマークが数秒現れ無事に起動が確認できました。

2017-05-29 18.56.25

内部のデータの欠損なども無く元通りに復旧することができました。お客様は写真と動画データ・電話帳データの復旧がご希望でしたので別途USBメモリにデータを収め、iPhoneと一緒に納品させて頂きました。

2017-05-29 19.04.49

Appleさんや他の修理屋さんで修理不可と言われてしまいデータを諦める事になった方も是非ご相談くださいませ。弊社はデータ復旧作業に対応している為、復旧不可と判断された端末も多数復旧してきた修理実績がございますので諦める事が出来ないデータを救出する為に他店には無い高い技術力で修理を行っております。

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

—————————————————————————

品質の高い修理で安心安全。

来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!

iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し

基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

 

修理内容
/

上にもどる