コラム/修理レポート

2017.5.8

【データ復旧】水没しDFUモードを解除出来なくなったiPhone SEのデータ復旧作業 (新宿区 O様)

先日、新宿から水没してしまい起動しないiPhoneSEの修理依頼がありました。2店舗修理屋さんを回って洗浄やパネルの交換を試してもらったらしいのですが、修理が出来ませんでしたと修理不可で返却されてしまったようです。

しかし弊社で診断をしたところ、電源が入らないのではなく初期化などをする際に入れる「DFUモード」に入っている状態でした。

症状 iPhone SE 水没してからDFUモードを解除出来ない

作業時間 約2日間

料金 iPhone SEからのデータ救出作業 22,000円(税込)

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

2017-05-03_12_00_54

DFUモードは画面に何も表示されないモードですのでiTunesに接続を試し状態の確認をしましたがiTunesで上記のような表示となりました。水没や落下など外部からのキッカケがあった場合は更新や復元を試しても上手く行くことはまずありません。まずは基板をチェックしてみましょう。

2017-05-03_12_20_24

電子顕微鏡で写した基板の一部分なのですが、思っていたとおり水没した跡がはっきりと残っていました。右上の黒いチップがデータを収めている「NANDフラッシュ」と呼ばれる部分ですので、ここで担当エンジニアは「水没跡がありNANDフラッシュに正常に電気を運べないので、上手く起動出来なのではないか」と仮定し、水没でダメージを受けたチップを一通り交換を行ってみました。

2017-05-03 12.37.49

予想は的中しました。ダメージを受けた箇所を交換し再度電源を入れるとDFUモードにならずに画面ロックパスコードの画面まで、正常に起動してくれました。

2017-05-03 12.39.04

写真データなどの欠損を心配していましたが、元々入っていたデータがそのまま残っており写真1枚も消えることなくすべてのデータの復旧をすることが出来ました。起動している間にお客様が必要なデータの取り出し、バックアップを行いデータの納品をし作業が完了となりました。

Appleさんや他の修理屋さんで修理不可と言われてしまいデータを諦める事になった方も是非ご相談くださいませ。弊社はデータ復旧作業に対応している為、復旧不可と判断された端末も多数復旧してきた修理実績がございますので諦める事が出来ないデータを救出する為に他店には無い高い技術力で修理を行っております。

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

—————————————————————————

純正パーツを使用し品質の高い修理で安心安全。

来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!

iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し

基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

修理内容
/ /

上にもどる