コラム/修理レポート

2017.4.19

iPad Air 第2世代の電源が入らない症状 基板修理で修理完了 2017/04/19

先日、急に電源が入らなくなったとiPad Air 第2世代の修理ご依頼を頂きました。

バッテリーが原因で電源が入らなくなる故障はありますが、iPad Air 第2世代は発売から2年半ぐらいしか経っていませんのでバッテリーが少し悪くなってきていると思いますが、完全にダメになってしまうは流石に早すぎるため、基板に何かしらの問題があると予想し診断を行いました。

症状 iPad Air 第2世代  急に電源が入らなくなった

作業時間 約2日間

修理料金 iPad Air 第2世代 起動不良基板修理 23,000円(税込)

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

2017-04-05 14.18.00

まず弊社で基板を診断する時はまず初めに内部の電流の数値チェックを行います。バッテリーと基板を繋ぐ端子にテスターを当てて起動時、起動後、スリープ時のアンペア数を計りますが、こちらのiPad Air 2は起動もしていない電源が切れている状態で5アンペアの電源が流れておりました。こういったケースはiPhoneでも良くあり、ほとんどの原因は基板に一番多く利用されているコンデンサと呼ばれる電子部品が、自然に壊れ電気の流れが逆流していると同じ現象がお困ります。

2017-04-05 14.23.27

端末によっては数百個コンデンサは利用されており、その中から原因の1個を探し当て交換をする作業が一番時間がかかり、骨が折れます。少し時間がかかりましたが原因のコンデンサを発見でき交換を行いました。

2017-04-05 16.07.36

元々の液晶パネルを取り付けて電源が入るか確認をし、予想通り電源が入るようになりました。元々入っていたデータもそのまま残っておりました。作業に2日間ほどかかってしまいましたが元の状態でお返し出来、お客様にも喜んで頂けました。

Appleさんや他の修理屋さんで修理不可と言われてしまいデータを諦める事になった方も是非ご相談くださいませ。弊社は基板修理に対応している為、修理不可と判断された端末も多数復旧してきた修理実績がございますので諦める事が出来ないデータを救出する為に他店には無い高い技術力で修理を行っております。

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

—————————————————————————

品質の高い修理で安心安全。

来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!

iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し

基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

 

 

 

修理内容
/ /

上にもどる