コラム/修理レポート

2017.2.9

目黒区よりiPodClassic 片耳から音が出ない&液晶パネルにシミ 2017/02/09

東京都目黒区よりイヤホンから片耳聞こえないiPodClassicの修理ご依頼を頂きました。片耳から音が出なくなりお客様で「接点復活剤」をイヤホンジャックに流し込んでしまい、流れた接点復活剤が液晶パネル内部まで侵入してしまい液晶パネルの映りが悪くなってしまったようです。

iPodClassicの故障で一番多いのはイヤホンジャックの片方から音が出ない問題ですが、原因はイヤホンジャックパーツのフレキシブルケーブルと呼ばれる薄いケーブルが経年劣化によって断線することよって発生し、物理的に切れてしまうので「接点復活剤」では絶対に直りません。接触が悪いのでは無く切れてしまっているので必ず修理が必要となりますので間違っても「接点復活剤」を入れないようにしてください。

■症状 iPodClassic 片耳から聞こえない&液晶パネルのムラ

■修理時間 約30分

■修理料金 iPodClassic イヤホンジャック修理&液晶パネル交換 10,000円(税込)

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

接点復活剤が液晶パネルの中まで入り込むとこのように表示にムラが出てしまいます。これは液晶とバックライトの間に液体が入った時と同じような現象ですが、水などは蒸発し自然に無くなることもありますが接点復活剤は油の性質なので蒸発して無くなることは難しく、液晶パネルの交換を行っての修理となります。

接点復活剤が液晶パネルまで入ってしまいムラがあるiPodClassic

イヤホンジャック修理と液晶パネル交換を行いました。映りのムラは無くなり正常に映るようになりイヤホンジャックも両耳からちゃんと聞こえるようになりました。作業時間はわずか30分足らずで終わりますので、自己流の修理はせず修理のプロにお任せください。

液晶パネルを交換して映りがよくなったiPodClassic

症状別料金表
はこちら
来店修理の
詳細はこちら
配送修理の
詳細はこちら
無料お問合わせ
はこちら

—————————————————————————

純正パーツを使用し品質の高い修理で安心安全。

来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!

iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し

基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

修理内容
/

上にもどる