コラム/修理レポート

2016.12.14

iPhoneが急に充電できなくなった!どうしたらいい?

ttl06

・・・

充電できない!?慌てる前に落ち着こう。
iPhoneの充電が切れかかっていたらLightningケーブルに繋いで充電します。当たり前の行動です。
しかし時としてその当たり前が当たり前でなくなる瞬間が訪れます。
「…あれ?充電されてない!?」
iPhoneユーザーなら、いや、携帯電話と呼称する機器を用いたことがある人間ならば、かなり大多数の人が経験したと思われます。
iPhoneが使えないとなると日常生活や仕事に大きな影響が出ること間違いなしですから、その慌てようは想像に難くありません。
慌てすぎて即修理に持ち込む方もゼロではないでしょう。
ケーブルが原因と決めつけて即新品のケーブルを購入する人なんかは意外と多そうですが。
しかし一旦落ち着きましょう。
ケーブルに繋いで充電ができない状態は多くの人に覚えがあるとはいえ頻発するわけでもありません。
動作不良でもなんでもないのに慌ててしまっているかもしれないのです。
その最たる例が、ケーブルに繋ぐ前のiPhoneが完全に放電しきった状態だった場合。
この状態でケーブルに繋いでも、完全に電池が空っぽなわけですからすぐに画面が点灯するわけがありません。
それでも初めて完全に放電させた状態で充電ケーブルに繋いだ人は、すぐに画面がつかずに動作不良だと思ってしまうのも無理はないかもしれません。
まず10分程度iPhoneのことは忘れてみてください。
次に見たときにはなんでもない顔をして充電しているんじゃないでしょうか?
それでもだめだった場合は…次に進みましょう。c06-1
充電できない状況。考えられる原因は?
完全放電されている状態を除き、iPhoneをケーブルに繋ぐとカミナリのマークが電池の横に表示されます。
これが充電を認識した証ですが、それが表示されない場合はまずiPhoneを再起動させてみてください。
iPhoneの動作不良ではありますが、パソコンと同じように再起動すれば直るケースは意外と多いものです。
それで直らな場合はLightningケーブルを疑ってください。
しかしまだケーブルに不具合があるとは断定できませんので、他のケーブルでも同じように充電できないのか試してみることをお勧めします。
焦ってケーブルを購入しても原因が他にある場合はムダな出費となってしまいますからね。
もし他のケーブルで試して普通に充電ができるようでしたら、今度はコンセント部分を疑ってみましょう。
ケーブルとコンセントアダプタに関してはiPhone販売店で試してもらうこともできます。
それでもダメ、となったら、もはや修理に駆け込むしかないでしょう。
iPhone側の端子の不具合は自分ではどうにもできません。ケーブルに繋いですぐに「充電できない!」という状況に陥ったら、このような手順で確認してみてください。
まずは落ち着いて、原因を特定することが大切です。c06-2

修理内容

上にもどる