コラム/修理レポート

2016.10.29

【フラッシュメモリー化】iPodClassic iTunesと同期が出来なくなってしまった

iPodClassic 256GB フラッシュメモリー化

こんばんわ!

AppleJuice 店長 兼 エンジニアの竹内です!

 

本日のご紹介する修理レポートは、最近またご依頼が増えております「iPodClassic フラッシュメモリー化」をご紹介致します。

 

本日だけで4台のご依頼があり症状をまとめますと

・iTunesから曲を同期しようとしても不明なエラーで同期が出来なかった

・リンゴマークのまま動かず起動してくれない

・内部から普段聞こえない、異音がして赤いバツマークが出る

・全く起動しない

などの症状が現れてくるとほぼ9割の確率でハードディスク故障が考えられます。

 

ハードディスクの平均寿命は4〜5年と言われており、iPodClassicはポータブル機器ですので振動や衝撃などで寿命が左右されます。

元々iPodClassicの中に入っているハードディスクは東芝製かサムスン製の物が使われておりますが生産がすでに終わっており同じ規格のハードディスクを新品で手に入れることは今となっては不可能に近いので、弊社ではフラッシュメモリー(SSD)への交換を行い、iPodClassicをiPodClassicとして使用出来るように修理を行っております。

 

■iPodClassic フラッシュメモリー化は常に在庫がございますのでいつでもすぐに修理が可能です。

■256GBでしたらお見積りは29.000円(税込)となっております。

 

修理料金表来店で修理配送で修理お問い合せ

 

iPodClassic 256GB フラッシュメモリー化

 

 

iPodClassic 256GB フラッシュメモリー化

↑256GBのフラッシュメモリー(SSD)を搭載することにより、約90GBの容量アップに繋がりiPodClassicを復活させ、なおかつ容量も増やすことが出来、一石二鳥です!

 

iPodClassicで不具合が出て来てしまった場合は是非ご相談頂ければと思います。

 

修理料金表来店で修理配送で修理お問い合せ

—————————————————————————

純正パーツを使用し品質の高い修理で安心安全。

来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!

iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し

基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

修理内容
/

上にもどる