コラム/修理レポート

2016.10.23

【部品交換修理】iPad mini 3世代 充電が出来ない。ドックコネクター交換修理

iPad mini 3世代 ドックコネクター交換修理

こんにちは!

AppleJuice エンジニアの竹内です。

本日の修理レポートは「充電が出来なくなってしまったiPad mini 3世代」をご紹介致します。

ご依頼頂いたときにはもうバッテリーが0%になっており充電ケーブルを挿してもまったく反応がありませんでした。ですがドックコネクターにケーブルを挿した時にかなり緩く、本来のあるはずの「カチッ」と固く入るような抵抗がなくこれはドックコネクターの交換のみで直ると判断しお客様にご案内致しました。

 

 

■iPad mini 3世代のドックコネクター交換修理は最短1時間でご案内しております。

■お見積りは9.500円(税込)で修理が可能です。

 

修理料金表来店で修理配送で修理お問い合せ

 

iPad mini 3世代 ドックコネクター交換修理

↑まずは修理前の動作確認を行います。バッテリーが0%になっており電源がつかず充電ケーブルを挿してもなにも反応がありません。ですがドックコネクターがかなり緩かったのでまずは部品を交換してみましょう。

 

iPad mini 3世代 ドックコネクター交換修理

↑こちらが元々ついていたドックコネクターなのですが、赤い丸で囲った部分が電気を流すための端子ですが完全にケーブルから剥がれてしまっており通電をしておりませんでした。かなりの衝撃で曲がったようですのですので、もしかすると落下かお子様がご使用されて壊れてしまったのかも知れません。

 

iPad mini 3世代 ドックコネクター交換修理

↑ちなみにこちらが正常なドックコネクターです。端子がきちんとケーブルについており変な曲がり方もしていないのがおわかり頂けますでしょうか。

 

iPad mini 3世代 ドックコネクター交換修理

↑部品を交換後、バッテリーの充電テストを行います。0%で何ヶ月も放置されたバッテリーは充電する能力が落ちており最悪バッテリーの交換も必要な場合がありますが、こちらのバッテリーは時間はかかりましたが問題無く充電が溜まりましたので一安心です。

 

iPad miniなどのドックコネクター交換修理に欠かせないのはまず壊さずに分解を出来ること。次にハンダを使いドックコネクターを綺麗に基板に取り付けられること、の2つが肝心です。

今回のiPad miniは充電が無く、充電テストにお時間がかかりましたが作業時間としては約30分ほどで終わりますので即日お持ち帰りして頂けます。

万が一お困りの方は是非ご相談頂ければと思います。

 

修理料金表来店で修理配送で修理お問い合せ

—————————————————————————

純正パーツを使用し品質の高い修理で安心安全。

来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!

iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し

基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

修理内容

上にもどる