コラム/修理レポート

2016.10.16

【基板修理】iPhone6s リンゴマークが薄っすらしか映らない バックライト点灯不良

こんにちは! AppleJuice エンジニアの竹内です(^^)

本日の修理レポートは最近ご依頼が増えて来てます

【iPhone6sのバックライト点灯不良修理】

をご紹介致します。

 

■iPhone6sのバックライト修理は最短1時間

■お見積りは13.000円から19.000円(軽度な場合と重度な場合があるため)

 

来店で修理配送で修理お問い合せ

iPhone6s バックライト基板修理

 

まずバックライトとは?からお話させて頂きますと

簡単にいえば「液晶画面を明るく映し出す為の照明」と

思ってください。

テレビやパソコンのモニターも明るくしたり暗くしたり

出来ると思いますがこれはバックライトの照度の調節をしており、

iPhoneにも同じようなものが入っております。

 

これがですね、なぜか勝手に壊れてしまい

くらーい画面しか映らなくなります。

原因は定かではありませんが最近になってiPhone6s/6sPlusの修理のご依頼が増えてきております。

 

実際にご依頼頂きました修理例を見ていきましょう。

バックライトが点灯しないと

iPhoneの電源を入れたときに出来る「リンゴマーク」が

ほんの薄っすらしか見えなくなります。

写真を撮りようにもどこにピントを合わせていいか分からず

ピンぼけしてしまいました^^;

iPhone6s バックライト基板修理

 

バックライトが点灯しない原因は2パターンあり

1つはフロントパネルの問題。

もう1つは基板のバックライトフィルターが焦げてしまった問題があります。

 

どちらが問題かは分解をし

テスト用のフロントパネルをつけてみればすぐに分かります。

修理屋であれば5分とかからず切り分けが出来ます。

 

今回のケースは後者の「基板側のバックライトフィルター」が

焼け焦げており正常に通電しておらず

フロントパネルに内蔵されているバックライト(パネル)に信号を送れなかったことが原因でした。

2016-08-20 12.01.57

 

ご存知の方は分かると思いますがバックライトフェルターといっても

数カ所あり、そのうちのどこかが壊れているので

新しいフィルターと交換をする修理を行います。

 

テストのパネルをつけてみてバックライトがきちんと映るか見てみましょう。

iPhone6s バックライト基板修理

 

正常に写っていますね。

一応念のため操作が出来るかも確認します。

iPhone6s バックライト基板修理

 

問題なくタッチの反応もあり動作に問題なさそうです。

 

バックライトが点灯しないとほぼ真っ暗なため

なにが写っているか分からずiPhoneの状態がどうなっているのか分かりません。

 

最悪パスコードを間違えすぎて初期化されていることもあるので

最後の最後までしっかりとチェックしデータをお渡ししました。

 

来店で修理配送で修理お問い合せ

—————————————————————————

純正パーツを使用し品質の高い修理で安心安全。

来店修理はお客様の目の前で、配送修理は全国どこでも受付中!

iPod・iPad・Mac修理はすべての機種のあらゆる症状に対応し

基板修理も行っている吉祥寺駅徒歩2分のAppleJuiceへおまかせください。

■吉祥寺店 JR中央総武線吉祥寺駅 中央口から徒歩2分

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-1
KS23ビル 502号室
TEL:0422-27-1787

—————————————————————————

修理内容

上にもどる